100円ちゃんぽん食べて、考えた・・・

何を考えたか、っていうと、スープのあまりの美味しさに、「栄養指導のときの、私(&たぶん、多くの栄養士さんの言動)」について、考えたわけ。
それは、糖尿病や高脂血症、肥満でのエネルギー制限、高血圧や心疾患、腎疾患などの塩分制限、胆石・胆のう炎や、膵臓病、肝臓病などの脂肪制限・・・などなどの患者さんたちに、私(&私たち)は、「ちゃんぽんを食べるときは、スープを飲み残しましょう」と言う。この言動についてだ。
ちゃんぽんは、実家にいくと、4~5回に1回は、実家近くの「ひふみ食堂」または「武次食堂」のちゃんぽんを食べる。たまにリンガーハットも。 あと、病院(検食)でも、2ヶ月に1回くらい食べる。でも、久しぶりに、お店(それも美味しいと評判の店)で食べた。美味しくて、美味しくて、本当に、美味しくて、上記のことを思ったわけ。
今、ちょうど、楽しい男性患者さん(糖尿病)が4,5人いて、明日はちょうど糖尿病教室の担当の日でもある。ぜひ、ちゃんぽんのスープを食べてもOKな食べ方、病気と付き合いながら上手に食べるコツについて、患者さんの「想い」にも耳を傾けながら、話してみよう。
それにしても、美味しかった! ぜひ、みなさん、長崎にちゃんぽんを食べに来てください!と言いたくなった。

長崎居留地まつりで、気合を入れて(ジャンケン)、ゲットした、100円ちゃんぽんの券
b0005874_21521827.jpg


スープが最高に美味しかった、みらく苑のちゃんぽん。(100円ちゃんぽんなので、器が使い捨てだったので、写真映りがイマイチですが、しかし、マジ美味しかった(しつこくてゴメンなさい)
b0005874_21554961.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2005-09-26 21:55
<< 地球・ふしぎ大自然・・で、 近所でお祭り! >>