<   2004年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

もちつき

こどもの頃、「年末のもちつき」と言えば、親戚が集まり、子供らは山の中に入り遊んだり、とても賑やかで楽しいものでした。
自分自身、従兄弟たちも大人になって、「もちつき」で集まって遊ぶ・・・っていう光景はなくなしました。
昨日の「もちつき」では、準備に始まり、米を炊く、丸める、後片付けと、働く働く!頑張りましたよ。長年、母が一人でこれらをやって来たんだなあ、と改めて母の偉大さを思い知った一日でした。
来年の年末は、私も朋愛を連れて、ダンナさんの実家・広島へ帰省することになると思うけど、できれば「もちつき」の日は、こっちにいて、母を手伝ってあげたいなあ。
それにしても、「丸める」作業では、親戚のおばちゃん達から、口うるさく(感謝せんばとかな?)指導受けました。
私は小もちを丸めるのが精一杯。鏡餅なんて、まだまだ修業が足りないって感じでした。
単純作業の中に、「奥深さ」を感じた今年の「もちつき」でした。
さあ、今日は、掃除を頑張りましょうかねえ。
そうそう、もちつきの間、朋愛は、初めて会う従姉妹やその子らに抱かれても、泣くことなく、ヘラヘラ笑っていて、おりこうさんで、助かりました!
[PR]
by tubameuo_masami | 2004-12-29 07:47

12月の色々・・・まとめて・・・・

早いもので2004年も残すところあと4日。私にしてみれば、今年があと4日ってことより、育児休業が終わるまであと3ヶ月・・・ってのが、「あ~、早いな~」とため息でる。
この12月は、2人の娘のスイミング開始、日向子のテレビ出演、フリーマーケット初出店、家族4人で参加した、ホテルでのクリスマスパーティ、日向子のお遊戯会・・などなど、思い出深い月でした。
とくにフリマは、反省点が多かったけど、予想してたよりり売れたし(ほかのフリマの人から、「ココが一番お客多かったよ」と言われる)、次回はもっと入念に作戦考え、挑もう!と思ってます。あと、ダンナさんの意外な一面も見れました(笑)※売り子の仕事が、結構上手だったです。
今、ダンナさんと日向子は広島。私と朋愛は昼間は実家、夜はアパートという生活です。
来年のお正月は4人で広島かな~?
さあ、明日は実家で餅つきです。ここ数日急に寒くなったけど、張り切って働いて親孝行しましょうっかね。ちなみに実家では、親戚の分も合わせて30キロ近いもち米を、釜で炊いて、器械でついて、丸めて行きます。明日は早朝から、まずは、山に入り焚き木集めから始まります。
日向子にも一度体験させたいなあ~。
[PR]
by tubameuo_masami | 2004-12-27 21:40

6ヶ月になりました!

12月11日、本日、生後6ヶ月の朋愛です。
2~3日前から、離乳食の準備段階として、りんごすり、さつまいもやジャガ芋のマッシュのミルク和え、みかん等を、どうにか、ゴックンできるようになっています。
夜中の授乳は相変わらず2回起きます。新生児のよう・・・(^^;
寝返りは早かったけど、その後の進行が・・・。おすわり、ハイハイともに未だです。
嬉しい時、手足をバタバタして、怒った時は奇声をあげます。判りやすい性格のようです。
親バカですが、とーっても可愛いです。

日向子は、今日、みどりの里(祖母の入所施設)で、あるお婆さんから、飴を差し出されました。でも、「ひなちゃん、アメ大ッ嫌い。要らん!」と言い放ちました。後で母に、「アンタの小さい頃にそっくり」と一言。私って、幼少の頃、とっても人見知り激しく、愛嬌の無い子だったらしい・・・。

日向子も朋愛も、成長するとどうなって行くんかなあ?!
b0005874_22105355.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2004-12-11 22:11

test

画像を貼り付けるテストをしまーす♪
b0005874_2152185.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2004-12-11 21:51 | 感動日記

念願のスイミング

日向子育休の時、できなかったベビースイミングに、朋愛を入会させました。3歳の日向子は、ベビーのクラスでも良いと言われたけど、彼女なら1人(母親なし)でレッスン受けられるだろう!と思ったから、リトルコースへ。
昨日は、日向子が保育園に行ってる間、朋愛を連れて初めてのレッスンへ行きました。他に二組の親子さんが居たけど、ベビーちゃんは2人とも1歳3ヶ月。5ヶ月の朋愛には、ちょっと厳しかったかも・・。
最初の体操の時:「何?何?今かな何が始まるの?」とかなり不安気な顔
初めて入水:目を真ん丸くして、驚いた様子
私が手を添えて泳がせてみる:笑顔で「スーッと」と手足を伸ばして気持ち良さそう
垂直に頭までプールに身体を浸ける:上がった瞬間は驚いた顔→その後大泣きしました
・・・と、朋愛は1時間で色んな経験をしました。私はプールに浸かれただけで、満足でした。
 最初、「以外に水温低いんだなあ」と、小さい朋愛を心配したけど、でも入会して良かったです。その一番の理由は、私って、朋愛が大人しくしてたり(時には泣いていても)すると、きっと、勉強だの、掃除だの・・って、子供と過ごす事より、自分の事を優先してしまいそう。だから、この1時間(一応、週4回あって、何回でも出席OK)は、本当に貴重です。
機会があれば、朋愛と日向子のスイミング風景を写真に撮りたいな、と思ってます。
[PR]
by tubameuo_masami | 2004-12-04 07:12

嬉しかったメール

一昨日、超・超・久しぶりに大村に開業している伊崎美和先生から電話があった。仕事関係の話だったけど、その後、美和先生と美和先生のご主人=院長先生からのメールの中の一文が、とても嬉しい内容でした。
『食の管理は施設のキャッチフレーズになるだけでなく今後は生命線かもしれません。』(院長先生より)  『生活習慣病を考えて、食事に重点をおいた施設を考えている・・・』(美和先生より)
こういう考えを持ってくれている医師は、まだまだ少ないと思う。でも、栄養士の存在は、10年前と比べるとかなり病院内では変わって来ていると実感してます。(一昔前は、栄養士=食事作る人、今は、検査データを読めるのは当たり前、チーム医療の一員としてやって行く・・など)
現状に甘んじてのんびりやってると、絶対に着いて行けなくなるやろうなあ。現に育児休暇中の今、糖尿病療養指導士の資格の更新は延長願いを出す羽目になってるし、病態専門栄養士の方は、学会で新しい動きがあるらしいが、京都まで研修に行くなんて、今の私には無理だし、経腸栄養学会でも研修がスタートしてるのに、その頃から妊娠出産のため、ずっと縁がない。
先輩・後輩達が、勉強に出かけて行く(秋から春にかけて学会シーズン)のを、少々焦る気持ちで羨ましいと思ってた矢先の、伊崎夫妻からのメールに、私は、焦っていても何も始まらん!、コツコツ頑張るで~!と勇気付けられたのでした。
まあ、まずは、目の前の試験勉強(放送大学)を頑張らねば・・・ですね。
[PR]
by tubameuo_masami | 2004-12-02 07:39