<   2006年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

インフルエンザ・・・

土曜日から喉が痛い。
日曜日は、保育園のお遊戯会で、ビデオ撮影したり、自分も踊ったり、忙しかったから、風邪が悪化しているのに気付く暇もなかった。
そしたら日曜日の夜は、鼻まで詰まり、最悪の状態。

月曜日は、仕事を休むわけも行かず、とりあえず出勤した。
いつもより栄養指導の予約が入っていたし、おまけに、飛び入りの指導まで入り、もう、体調はズタズタ。

どうにか一日勤務は終えて、夕飯の準備もできた。(簡単に済まそうと思って作った皿うどんが、意外にウケて、嬉しかった。)

でも、お風呂に入ったら、もう起きている力は私には残っておらず、子供達をダンナさんに託し、早々と寝た。 お遊戯会の写真を整理する力も残ってないよ・・・。

そうそう、昼間、脳外科のカンファランスに行った際、Y看護師さんと患者さんのことで沢山会話した。 そしたら、夕方、そのYさんが、インフルエンザA型に罹っていて、今から早退するのだと言うのを聞いて、びびった。

とにかく今日熱が出ないことを祈るばかりです・・・。

まだまだインフルエンザの菌は、猛威をふるっているらしいです。みなさん、気をつけて下さい!
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-02-28 06:24

パジャマでケーキ作り♪

ケーキ作りが大好きなヒナコ。
想像力が豊か、っていうか、よく判ってない、ていうか、思いつきで行動し過ぎ・・・、で、今回のケーキのトッピングは、
イチゴ、キャラメル、カラフルガム、プリン、ゼリー、クマのキャンディー・・・というレシピでした。

レンジでチン!して簡単にできるケーキの土台(今回は蒸しパンミックスで作った)に、予定していたトッピングを乗せ始めています。
(お風呂上りの寝る前なので、2人ともパジャマだよ)
b0005874_723417.jpg


で、作り始めてプリンとゼリーをトッピングするのは難しい、と気付いてくれました。
それでも、キャラメルやガムは乗ってます。
食べにくそうだけど、色彩はまあまあキレイですね♪
b0005874_7243100.jpg


さあ、今日・日曜日は、保育園のお遊戯会ですよ!!!
園内じゃなくて、なんと長崎市民会館であります。やっぱり、この保育園、こういうイベントに気合はいってるなあ~。
私の出演しますよ~!さあ、楽しんで、踊りますよ~♪
でも、風邪ひいてしまって、喉痛ーい(@_@;)
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-02-26 08:34

ダンナさんの栄養管理

仕事は栄養士だからと言って、豪華な食事ってわけではけしてない。質素な方だと思う。でも、家族の栄養は、やっぱり、ついつい考えているみたい。
だから、ヒナコにはいつも「ごはん(=おかずの事)、多すぎ」と、皿数が多いことを指摘される。朝と夕ごはん、栄養バランスを(仕事柄)無意識に考えていると、つい数が多くなっているのかも知れない。 子供の栄養は大切よね! 

結婚してから、しばらくは、ダンナさんの体重を落とすことに努めた。 あまり厳しい制限ではなかったけど、体重はいい感じに落ちた。

本人も年のせい?か、結構気にしているのか、暴飲暴食はまったくしないし、質素な食事にクレームつけることも全くない。

そんなダンナさんは、よく献血に行く。 (献血に行ったら、結構体調↓になってるようなので、気をつけて欲しいんだけど)
献血に行ったら、数日後、検査データが送られてくる。 前回の数値も記載されていて、判りやすい。
で、今回送られて来たはがきには、12月と2月のデータが載っていた。
すべて正常値は言うまでもなく、TP(総蛋白)、RBC(赤血球)など栄養状態の指標となるデータは増えていて、動脈硬化の原因などとされているTC(コレステロール)などは、減っていた。
なんだか、嬉しいかったですよ。

義理の母などに、自分の息子が栄養士の嫁と結婚して、痩せてしまった・・・と、心配させていたかも知れない、と思ってたので、今度は、この結果をはりきってお伝えしましょうかねえ♪
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-02-23 22:10

絵と“文字?” 

今度の日曜日は保育園のお遊戯会がある。
運動会でもそうだったように、今回も、保護者の出番もあり、「新・ソーラン節」を踊るため、夜、保育園に練習に出掛ける事あり。
先日もダンナさんに子供達を託し練習へでかけた。

帰宅したら、窓に何やら紙が貼られている。 見るとヒナコの描いた絵だった。

左上(ひなこ):カラフルである。 右上(あかりちゃん):ちょっと小柄で可愛らしい。
左下(きゆちゃん):よく笑っていて元気っぽく描かれてる。右下(たいき君):初恋の彼です。
面白いのは、女の子はみんな手を前に組んでいること。 これまでは、男の子の絵のように手は横に広がっていたが。 親ばかですが、面白いです。
b0005874_6132956.jpg


これはノートに書いた手紙だそうです。
b0005874_6101934.jpg

これを見たダンナさん曰く
「几帳面な性格が出とるなあ~」と。
たしかに、罫線からはみ出すことなく、アラビア文字のような字が書かれてある。
これを書くとき、独り言を言いながら書いていたヒナコ。 (本物の)字をたくさん覚えるともっと楽しい手紙が書けるね。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-02-23 06:10

仕事が一気に増えたあ~!

パソコンのソフトが壊れたので、見積もりお願いしたら、最高で250万と言われた。
絶対、無理さあ! 
先週辺りから、事務長やら、院長やら、昨日はとうとう部長にまで呼ばれて、4月からの診療報酬改正について、うちの部署の減算がスゴイぞ!と、言われている。
国が決めた改正案。(案だけど、ほぼ決まりでしょう) 私が決めたわけじゃないけど、何だか自分が責められているようで辛いぞ。しかり今回の改正、病院にとってかなり厳しいものです。 

うちの病院は、急性期で、入院時食事療養費(Ⅰ) 1920円/1日 、特別管理加算 200円/1日、 特別食加算(個人単位) 350円/1日
従って:入院時食事療養(1)を算定している病院で適時、適温等の食事を提供した場合ってことで、
1日1920円+200円→2120円

さらに特別食(糖尿病や腎臓病とか・・)を提供した場合
1920円+200円+350円→2470円  を請求できていたわけ。

これが、今回、特別管理加算の廃止、特別食加算が76円に減算・・・って事で、かなりの悪影響が出ること間違いなし。
増える部分も少~しだけあるみたいだけど、それを実施するのも、どういう風にすれば加算が取れるかなど、まだ詳細決まってない?みたい・・・。

そんなこんな御時勢で、パソコンの買い替えなんて言い難い。
でも、業者さん(山下医科機械さん)によれば、
「だいたい4年くらいが寿命なんです。」
「J病院さんは、丸7年ですから、いい方なんですよ」
と言う。また、
「官公庁などは、4年に1度入れ替えするよう決まってるんですよ」
とも言っていた。 本当かなあ? じゃあ、壊れなくても入れ替えるの?稟議も書かないのかな?!

私は、これから稟議書作成したり、他の業者さんの見積もりとったり、色々検討したり、通常業務と違う仕事が増えることになる。
減算されることに対する対策も練るよう言われていて、それも通常業務プラスαの仕事です。

この春は、久々に(病院機能評価を受けた年以来)、仕事でバタバタしそうです。 
普通の時も、あんまり休憩する暇ないのに、どうなるんだろう・・・。なるようになるんでしょうが・・・、ちと不安だなあ。

頑張るぞ~!!!
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-02-22 06:08

叱るのは、疲れるよねえ~

家では、子供達に「早くしなさいっ!」とか、「なんばしよっとね!」とか言って叱り、ダンナさに対してもよくイライラする事の多い私だけど、実は職場では、「温厚」と思われているらしい。他の部署の後輩達からとか、直属の後輩からまでも、そう言われる事がある。 演技している訳じゃないけど、確かに職場では、私って家より「心が広い」のか、あんまりカリカリしてないなあ。その反動で家でストレス発散しているのだとすると、こりゃ大変!(今、書きながら思った!!)

しかし、昨日は、週明け・朝一で、実習生にちょっと注意した。 頑張って実習に取り組んでいるようにも見えるが、しかし、何だか適当に日々の時間をこなしているように目に映ったものだから。 「こんな事言いたくないっちゃけどね」と言いながら。 素直な実習生(大学3年)は、その後みるみるうちに積極性が出てきて、嫌な思いして言った甲斐があった。

その後、委託給食会社の栄養士さんが連続してミスしたため、注意した。委託の社員さんだから、私が言うべきことではないのだけど、委託の上司はいつも留守だし、あまりにもミスが続いて、それに本人も気付いてないみたいだったから、ガツンと言わせてもらった。
6歳くらい私より年上の彼女は、ココに就職して5ヶ月目。この年で新しく就職して頑張っている姿は、内心エライなあ、と感心していたし、まだ慣れないのだろう、と、これまでは、見守ってきたが・・・。 周りの反応見ていても、ちょっと厳しい状況になって来ている。 今のところは、患者さんにまで迷惑のかかるような大きなミスは、数えるほどだけどね・・・。

朝からずっと小言を言い続けて、昼頃には疲れ果てていた。 午後からは、いい感じで、栄養指導の予約ばかりだったから、おかげで病棟勤務。夕方には気持ち持ち直すことできた。今日も、患者さんたちに感謝。

家に帰って、子供らを迎えに行く前にダンナさんの部屋に入って、↓これを見て、少しまた癒された。 ヒナコには不評のおひな様。私はなかなか好きです。(写真は、ダンナさんが撮ってくれました。)
b0005874_514255.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2006-02-21 05:14

お雛様~35年前購入~

うちにはヒナコの初節句の時に、実家が贈ってくれたひな人形がある。そして今は、ダンナさんの部屋に飾ってある。(ダンナさんのブログで写真アップしてたっけ?!)
で、今日は、実家にあるひな人形を飾りに行った。最近、「保育園行きたくない!」病のヒナコに、何か楽しい事をさせてあげたい、と、母が思いついたのだ。 もう十数年、このひな壇を飾ったことなかった。
私には姉がいるが、姉の初節句の時は経済的に余裕無く、私の初節句の時に購入したものらしい。これは初耳だった。
35年前のものとは思えないほど、キレイでした。 鏡やオルゴールなどの小物には、まだビニールがかぶされたままの状態で、母が大事に、丁寧に保管していた事がわかる。 しかし、これは今日で終わり。ヒナコやトモエが遊び出すと、母は、「好きにせんね。」と、娘達の思い通りにさせてくれた。 ちょっと無残な光景だったけど、娘らは目を輝かせてビニールを剥いでいた。

↓最初からイマイチひな人形には関心の低いトモエ。 仏壇のお線香で遊ぶのに夢中だったみたい。
b0005874_21394250.jpg


↓今度は2人で仲良く準備中です! トモエのスカートはやし様よりヒナコに頂いた物。大事に着させてもらってます♪
b0005874_2141999.jpg


↓「さっきのは桃の花よね。これは何かな?」
b0005874_21422050.jpg


↓ジャーン!全部箱から出したよ♪
b0005874_21425998.jpg


↓完成しました~! キレイです~!
b0005874_21434260.jpg


↓最後まで皆に指示出して飾りつけしたヒナコとは逆に、トモエは最後は居間に移っておやつの時間となった。やっぱりイマイチ興味ないみたいでした。
b0005874_21452631.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2006-02-19 21:45

次々と風邪でダウン・・・

ヒナコに続き風邪症状が続いているトモエ。
昨日の朝、夜、今日の朝・・・と家ではご飯を食べず、具合が悪いのかぐずることが多かった。相変わらず、鼻が詰まっていても、上手に出せないし、可愛そうだった。
そんなトモエも、夕方くらいから、少しずつ改善の兆しあり、夕食は、やっと普通に食べてくれて一安心。ホッとするのも束の間、今度は、ダンナさんがダウン。
頭痛がひどいらしく、ずっと眉間にしわ寄せながら、子供の遊び相手していた。 木曜日に通勤バイクが壊れ、金曜日は大きい方のバイクで出勤すると張り切っていたのに、バッテリーが上がっていたらしい。 立て続けに、二台のバイクの調子↓で、精神的にもショックだったんだろうなあ。
それに追い討ちをかけるように、今日は、私がイライラしてしまってて、ちょっとしたダンナさんの言動に腹を立ててしまったりしたし・・・。 ダンナさんにしてみたら、踏んだり蹴ったりの1日だったですね・・・。

私は風邪こそひいてないけど、何となく、ツイテないって感じの一日だった。
職場のコンピュータの調子が悪く、1ヶ月先まで立てていた献立が、グチャグチャになっていて、やり直しに半日かかった。
そんでもって、○×☆のレッスンも、家族がこんなに病気じゃ行く気にもなれず休んだ。

明日は久しぶりに子供を連れて実家に行く予定。 何か楽しいことしようっと!(→たぶん、ヒナコとチョコレート作りをするハメになりそうな予感です)
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-02-18 22:02

ある日の外科病棟

今日は、私の担当している外科病棟が「色んな意味」でバタバタしていて、賑やかで、話題抱負だったから、ここに書こうと思う。
でも、患者さんの情報を書くのは、もちろん禁止されてる訳だし、書くと中途半端になりそうだけど、書かずにいられない。だから書こうっと。
①ある病室にスゴイ人が入院した。ああ、これだけしか書けない。「何がスゴイのよ!」と怒りの声が聞こえそうですが、すみません。
②ある病室に訪問した。そしたら、お見舞いの大きな花束が2つ。 一つは、タ○ヒ×シという俳優さんから。もう一つは、石△プロモーションの×林専務と書いてあった。この専務さんは、たぶんあの「太陽にほえろ」のボスが、入院していた時、よく記者会見で拝見した名前だった。
驚いたことに、この花束は送られて来たのではなく、実際、そのお2人が持って来られたそうだ!スゴイ!! ウッソー! うちの病院に、あんな有名人が来たの? ちなみにこの病室に入院しているのは、芸能関係の方ではありません。
③病棟カンファランスの最中、ナースステーションに隣接しているHCUから、「ウオーッ」というわめき声が。 どうやらアル中で禁断症状が出ていたらしい。 うちの病院では診れないってことで、市内の専門の施設に転院されていった。 その際、その患者さんは、救急隊員に移送されながら、ベッドに肘をついてその手を頭にあてたまま、ニコニコ笑っていた。 時々禁断症状で暴れない限り、車で20~30分の転院先まであの姿勢でずっと行くのか?、その様子をぜひ救急隊員の方に聞いてみたいと思った。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-02-17 23:12

仕事を休んだ

トモエは夜中から何度も起きて、何だか嫌な予感がしていたが的中。朝から熱が上がってる。ヒナコの場合なら、即実家に電話するのだけど、トモエは、こういう場合は親じゃないとダメみたいで、私が休むことにした。
朝7時半頃、ちょこっと職場に顔を出し、後輩にやっておいて欲しい仕事などを頼むメモなど残し、急いで家に戻る。(職場が近いって便利。チャリも最高だ!)
ヒナコは私が休みだと察し、「保育園なんか行かない!」と言うが、ダンナさんにおんぶされて登園。(保育園までずっとおんぶだったらしい・・・(^.^ ; )
仕事を少し持ち帰っていたし、せっかく休むんだから、貯まってる仕事をしたり、普段手の届いていない掃除したり・・・と思っていたけど、それは甘い考えだった。トモエは具合が悪いため、ずっと私に抱っこされていた。 熱のせいでご飯も食べてくれないため、食事の時間もダラダラ。 (そうそう、食欲落ちてるなあ、と思いきや、なんと、チョコレートは何故か好んで食べていた。不思議な子だあ。)
やっと寝たか、とホッとすると、けっこうすぐに起きる。これも熱のせいかなあ。

そんなこんなで、1人でトモエと一日中過ごすのは、初めてってくらい、私にとっては珍しいことでした。 
そんで、こーんなに何にもしない1日も、珍しかった。

↓ お昼過ぎ、ウンチを2回してスッキリしたのか、ちょっと遊びはじめた頃のトモエ
b0005874_642221.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2006-02-17 06:04