<   2006年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

福岡へ・・広島へ・・・、そして最後は涙・・・。

GW初日。本当なら仕事へ行くべき!ってくらい、仕事が貯まっているのに、まるでそんな事無視しているアタシ。
1,2日に頑張るよっ!と思っとります。

10:30 白いかもめで福岡へ。出発と同時にトモエがぐずる。ヒナコも「退屈~」と機嫌悪い。ダンナさんは体調悪いのか、あまり楽しくなさそう・・。家族4人で初めての列車の旅で、正直言って、懲りた。
12:30 博多着。 高校時代からの親友Dが、夫の運転で、迎えに来てくれていた。Dの夫K君は、私も大学時代からの飲み仲間。この歳になっても、私の事を「チャン」付けで呼んでくれる仲。
13:30 アクシオン福岡に到着。(とっても大きな体育館だった!びっくり~)K君の送迎に超感謝!車がなけりゃ、不便なところだったです。そして、その会場で、○×☆の福岡でのレッスン。
先々週の日曜日から、○×☆のレッスンから帰国してきたばかりの先生に久しぶり会う。

14:00 レッスン開始。少し予想はしていたが、やっぱりヒナコが「したくない」とボイコット。外で遊びたいらしい。親友DがDの娘2人とヒナコの相手をしてくれた。トモエはダンナさんと過ごしてぐずっていたみたい・・。

レッスンは、基礎のステップを少しして、「ああ、気持ちよい筋肉の痛みだぁ~」と思いつつ、次に、先生が習ってきたホヤホヤの曲。これを1時間くらいで覚えて、最後に発表会をした。

15:30 外で遊んでいたヒナコもやってきた。そして、そして、なーんと、一緒に踊ったよ~♪踊りは左右グチャグチャだったりするけど、とても感動した。ヒナコも皆さんの拍手に満更でもなさそうだった。

16:00 K君がまた迎えに来てくれていた。本当に、ありがとう!
博多駅で、ダンナさんとヒナコは車を降りる。そして2人は、新幹線で広島へ帰省。私は仕事を休めないし、今回は、行かなかった。
子供がぐずるから、ってことで、博多のおしゃれなお店はやめて、夢タウンへ行く。
私とDは、それぞれの子供を、アンパンマンの買い物カートに乗せて、店内をウロウロ。だって、ベンチに座って揺らすだけでは、子供らが「動いて~」と言うし。 1時間ほど、ウロウロしながら、Dと色々話した。
途中、私がずーっと昔振られた彼に会ったり(って、向こうは気付いてなかったけど)、楽しかったり、びっくりなひと時を過ごした。
夕ご飯を食べた後、またK君に送ってもらって博多駅へ。

19:02発 白いかもめに乗車。ずっと眠そうにしていたから、絶対ぐずると思っていた。予感的中、すんごいぐずられた。
1時間くらい寝てくれたけど、あとの1時間は、席を立ってあやしたり、ああ、疲れた~。

21:20 自宅着。 

22:00 何気なく見ていたNHKの「@ヒューマン」と言う番組を見て、感動して大泣き。
ああ、この感動は、また改めてココに書いてみたいな。

今晩はトモエと2人っきり。
トモエは寝たよ~。

今晩は今から、先日お受けした、7月のシーボルト大学での講義の内容をまとめようと思う!(早めに取りかからないと、講義は、楽しみにしている、Bさん&Nちゃんの結婚式の翌々日。)今は、福岡での疲れより、○×☆でリフレッシュした心地よさの方が大。って訳で、今晩は仕事頑張るよ~!
あっ、○×☆で習った、新しい曲の踊りのことも、まとめておこう。
↓機嫌が良いときの、かもめ車内でのトモエ
b0005874_23162977.jpg

ジュースのふたを銜えて、ふざけています。ダンナさんが見たら、「危ないっ!」と、怒られるような事してますねえ~。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-04-29 23:19

どうして、こんなに好きになってしまったのか・・・?

○×☆に出会って、レッスンに参加するようになって、早6ヶ月。
本当に、こんなに「夢中」になるとは、思っていなかった。

続けられるだろうか、っていう不安もあった。(仕事と子供のことで)
だから、続けられるような環境を作ってくれている家族に感謝せんば、と思っている。

○×☆は、想像以上に奥が深くて、毎回のレッスン後は、いつも心地よい気分になれる。身体も気持ちよい筋肉の疲労感が残るし、本当に心身ともに、イイ感じです。

とくに、心(気持ち)の方は、かなりイイ感じ。
それは、○×☆そのものが、心地よいパワーを持っているからなのだろうけど、私にとっては、A先生の明るさと、生徒さん皆さんの雰囲気の良さ・・・、これが一番の要因だと思う。

3月からヒナコも一緒にレッスンに通っている。
最初は、ウロウロしたり、時には、1人で寂しそうにしているのを見て、「この子には、ちょっと無理かな」とあきらめようとした時もあったけど、最近は、少しずつ、少しずつ、「踊り」始めた。

親子で、○×☆を「踊って」、見ている人に感動や心地良さを伝えられるようになるのは、夢。
でも、そんな「夢」を見つけられたことは、ラッキーだったな、と思っている。

GWは、29日のレッスンに参加することに始まり、GW最終日の5月7日は福岡でのイベントに出掛ける。まさに、今年のGWは、○×☆で始まり、○×☆で終わる。

母に、「いつも忙しい、忙しい・・って言いよるとに、何でそこまですっとね?」と聞かれた。
そう、確かに、仕事がかなり忙しく、○×☆の時間を捻出する努力はしないといけない。ボーっとしていては、○×☆には行けない現状。
でも、そこまでしてでも、行きたくなるとさね、○×☆。

風邪はまだまだ治らないけど、明日(今日)の福岡でのレッスン、楽しんじゃうよぉ~♪
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-04-29 00:18

気をつけましょう!

夕方、残業を決めて、病棟に出た。
外科病棟のカルテの棚を見ていると、「ああ、また増えとるぅ~」と、新しい患者さんのカルテが増えていた。
ついさっき、「今日の全員分の栄養管理計画書、終わった~」と思ったのに、もう、増えている事に、ため息・・・。
と、お見舞いの果物を手にした男性が3人、その「新しい患者さん」を尋ねて来られた。
その患者さんは、集中治療室に入っているため、フロアに座っているご家族を紹介。そして私はその場を立ち去った。が、気になって、ちょっと様子を見ていた。
そしたら、お見舞いの人達は、ずっと頭を下げ続けている。
看護室に戻ってきた、H主任が、「事故ってさ。大変よね・・・」と教えてくれた。
どうやら、バイクにはねられたらしい。
被害者である患者さんとそのご家族に突然ふりかかった事故が、大変な事態であることは言うまでもない。しかし、私は、自分の夫や、その仲間の多くがバイクを趣味としている方であるためか、頭を下げ続けている加害者の人とそのご家族に対して、何だか同情してしまっていた。

ああ、皆さん、どうかどうか、事故だけには気をつけて、楽しいバイクライフ送って下さい!

そんなこんな事を考えていた矢先、ダンナさんが、新しいバイクを買いたい、と話してきた。
家計から援助して欲しい、とのことだったけど、通勤に使うのだし、全額どうぞ、と言う気持ちです。
しかし、せっかく買うバイク・・・。どうせなら、私も乗れるのを買ってはどうか?!

ダンナさんは、荷物も積めるし、楽だし、&私も乗りやすいように・・・、と、250ccのスクーターを選んでいるようです。
ダンナさんが、候補としているバイクの写真をネットで教えてくれた。
私は、そのバイクの乗っているホームページの他のバイクが気になっています。
荷物も積めないし、楽でもないし、私も上手く運転できないだろうし、やっぱダメかな・・・。
http://www.honda.co.jp/motor-lineup/ftr/
このバイク、街で見かける旅に、いいなあ・・・と思っていた。以前、エストレアというバイクが欲しいと本気で思っていた頃があったけど、その「軽さ」と似てる気がして、気になる。

http://www.honda.co.jp/motor-lineup/vtr/
バイクの色と、この写真の海の色にひかれました・・・。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-04-27 23:05

漁師さんの仕事、ハードです。

もう今日は、どんなに忙しくても、朝一番にカルテを出して、受診しようっ!全然治らない、今回の風邪。鼻づまり、咳・・と少し改善してきている気もするけど、咳が出だしたら止まらない、やっかいなやつ。 それも、大事な時、栄養指導の最中とか・・に、突然咳き込んでします。もう最悪ばい。

○×☆の自主練にも行く予定でいたけど、止めておいた。 このまま治らなければ、今週末の福岡での○×☆のレッスンに行く予定もダメになるし・・・。まあ、急な仕事が入ったってのが一番の理由だったけどね。
どんなだったかなあ、水曜チームの2週目の自主練。水曜チームの皆さんは、ほのぼの系の皆さん、という私の印象。そのうちの1人、Mさんは、先日、オメデタが判り、とーっても大事に身体をいたわっている様子が微笑ましい。もちろん○×☆はここ数週間はいつも見学されている。
楽しみですねえ~、赤ちゃん!

○×☆を休んだから、この際!と思い、栄養指導をガンガンこなした。15時から脳外科を中心に、17時まで6件の栄養指導(主に糖尿病、高血脂症、高血圧)を。終わったときは、クラクラした。やっぱり、一気に6件は、ちょっとハード過ぎたようです・

その中の1件の栄養指導で。
脳疾患で入院したけど、栄養指導は高血脂症が中心の患者Mさん。入院時の中性脂肪が1000mg/dlとかなりの高値だった。
Mさんは、漁師の仕事で、年齢は40歳。仕事は、午後2時に出航し、翌朝・午前6時に帰港する。その間1人で漁をするとのこと。
食事は、船では、ちょこちょこ「ご飯」を食べるのだという。詳しく聞けば、炊飯ジャーに3合の米飯を炊いて持って行き、帰って来るまでに、その炊飯ジャーは空っぽになっているらしい。
果物は一切食べず、甘いものもそんなに好んで食べる方ではなく、お酒も、ビールを飲むくらい。(宴会は別)
主治医も、「米の摂取過剰やろうか?!」と話していた。

朝6時に帰宅したら、お風呂に入って、350ml缶ビールを3本飲んで寝て、12時ごろ起きて、食事を普通に摂って(この時が、いわゆる夕食のスタイルのようだった)、そして2時に仕事へ行く・・・。これがほぼ毎日の生活パターンらしい。

仕事上、食生活のパターンを変えるのは難しく(漁というハードな仕事をしているMさんに、極端に減らすように指導するのは、止めた)、やはり、その摂取の内容を少しずつ変えて行けるよう説明。
今日、退院するので、今後は外来で栄養指導を継続することにした。

それにしても、暑い日も、寒い日も、年中1人でずっと仕事するの、大変じゃないですか?・・・というバカな私の質問に、
『気楽にのんびり、いいっすよ・・・。まあね、裕福じゃなかばってん、家族みんなで生活はできよるしね。後は、自分がもとの身体に戻るごと、努力せんばですね。海にも早う戻らんば、って思っとりますよ。』と応えてくれた40歳のMさん。
何故だか私は、感動・・・してしまった。
世の中、お金だとか、欲だとか・・・、嫌な事件、ニュースが飛び交っている中で、なんてほのぼの、自分の生活をしっかり守っているのだろう・・・と。
40歳で、お子さんが3人いるMさん、本当に、今回の入院で「健康になりたい」と思ったらしい。
私も私なりに少しでも、その力になりたいと思った。

さあ、今日も仕事、頑張るよ~!っと、その前に、絶対受診せんば!
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-04-27 06:11

バス遠足

仕事を休まないとこの風邪は治らなんのかな?と思うほど、また悪化してる気がする。でも、風邪の状態に身体が慣れた?のか、月曜日より火曜日の方が、声とか出にくかったりしたのに、仕事は火曜日の方が普通にできた・・・。
ってなわけで、風邪っぴきのままだけど、日記をアップする体力はあるんで、遠足の写真をアップしようと思う。 この遠足で、遊びすぎたのが、この風邪の重症化の始まりだったような・・、やっぱりそうとしか思えない!

行き先は、百花台公園。保育園児のバス遠足には、ちょっと遠いかな?と、行きのバスの中で、ずっとトモエにぐずられたので、そう思ったけど、着いたら、その広さ、キレイさ、遊具の多さ、そんでなんと言っても自然の豊かさ・・に、感動! 乗車時間の長さなんて、ぜんぜん気にならなくなった。

↓たんぽぽがたくさん。ヒナコが花を摘んでいると、自分も真似して摘んでました。
b0005874_6124890.jpg


↓こんな小さな遊具から、ながーーーーい滑り台(私はこれを3回やって、お尻がまだ痛い)とか、つり橋とか・・・、本当に、いっぱい遊べるとこでした。ちょっと前までは、こんな遊具でさえ、恐る恐るだったヒナコも、今では余裕で片手乗り~♪
b0005874_614694.jpg


↓つり橋を渡るトモエ。「危ない」という感覚がまだ備わっていないらしく、ダンナさんにしっかり捕まえられています。
b0005874_613997.jpg


↓この高い「やぐら」みたいなところにも、トモエは1人でガンガン登ろうとしたらしい・・・。危なっかしいけど、「この子、運動神経よいみたい」と思います。
b0005874_6102334.jpg


↓あっと言うまに帰る時間。バスの近くでお友達とパチリ。かわいい兄妹のお友達。
b0005874_6104537.jpg


↓ダンナさんには久しぶりにバイクに乗ってもらいました。「私もバイクで帰りたーい!」とヒナコ。あと数年したら、本当に実現するのかな?父娘タンデム・・・。バイク、ちょっと羨ましかったです。
b0005874_6132259.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2006-04-26 06:11

体調が最悪・・・

日曜日の遠足で、はしゃいで遊び過ぎたのか?・・・
風邪が悪化してしまった。
(夕方、マスクして、やつれて保育園に迎えに行ったら、先生たちに、「昨日、お母さんもよく遊んでいたみたいだから、疲れたんでしょう?」とか、言われてしまった・・・)

月曜日は、栄養指導の仕事がたくさん入っていて、ずっと喋っていたら、気付いたら、午後には声がかなりかすれてしまっていた。
午後から脳外科カンファに出ていたら、頭がガンガンしてきた。 吐き気がするほど、頭が痛くなってきた。

帰宅して、普通に家事はできたけど、20時過ぎから爆睡していた私。

今日も指導がたくさんあるし、ゆっくり休みたいけど、休めない悲しい現状です。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-04-25 06:39

楽しかった・・・でも、疲れた・・・

バス遠足だった。
朝から、いや、前の晩から、弁当作りを頑張った。
集合場所まで歩いていき、バスに乗ったら、トモエは眠たいらしくぐずり・・(結局、到着するまで1時間半、寝なかったよ)、着いた時にはすでに私は少々疲れモード。
去年のこの遠足では、ヒナコと2人っきり。しかも、入園したばかりで知り合いもいなくて、淋しいものだった。
でも、今年はそんな意味では、家族4人で参加できて、お友達もたくさんいて、一緒にお弁当食べることもできて、楽しかったよ。

お弁当食べた後、お友達ママとゆっくりお喋りしたかったけど、「子供の面倒見て来ます!」と言いつつ、実は自分が遊具に乗って(ながーーい滑り台など)、かなり楽しんでいた、ような気がする。

疲れ果てて帰宅したら、実家から電話あり。ごちそうあるからおいで・・と。
ありがたく3人で実家へ。(ダンナさんは自宅で休養)
了願寺のエイタイキョウ(漢字は調べないと、判らない。忘れた。)=(親鸞聖人の誕生日?)での、ごちそうだった。スゴイごちそうだった。

と、ここまで日記を書いていたら、トモエが起きてきた。
続きと、写真のアップは次回にしようと思う。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-04-24 06:29

嬉しい、楽しいと実感できる瞬間!

昨日のブログにピカピカの栄養士一年生からのコメントをもらったから、書くわけじゃないけど、仕事をしていて嬉しいなあ、って感じる瞬間を今日も味わった。
外来の栄養指導に行く途中、脳外科外来の待合席で、Hさんという女性の患者さんに久しぶりに会った。
Hさんは、大きな手術をして、退院された患者さん。とても元気そうにしていた。今日は定期受診に来られたとのことだった。
こういう笑顔に出会うと、この仕事していて、「ラッキー」と得した気分になる。

仕事のあとは、ヒナコを迎えに行って、○×☆のレッスンへ。先生が不在のため、水曜日に続き、自主練だった。
5月7日のイベント(私は出ないと思うのだけど・・)に向けての練習。
本当にこの○×☆は、心地よいし、とーっても楽しいのさ!
風邪が長引いていて、喉がジカジカしてたけど、この3時間は、思いっきり日ごろのストレスが発散できたって感じ。
ありがとう、○×☆の皆さん! そして、トモエの面倒を家で見てくれているダンナさんへの感謝も忘れてはいけんばい・・・。

さあ、明日(あっ、もう今日だっ!)は、保育園の遠足。
今、おかず1品作ったよ。あとは、明日(今日)朝、また早起きして、頑張ってお弁当作りするばーい。

って、その前に、録画していたNHKドラマ「マチベン」ってのを見ようっ。
週に一度の「休日前の夜」を、寝るのはもったいない・・と言う気持ちで過ごしているのです。
今日の睡眠時間はかなり短くなりそう~。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-04-23 00:15

栄養士の仕事って・・・

この4月から社会人として頑張っているkさんからメールが届いた。
彼女は去年うちの病院に実習に来た学生さんのうちの1人。実習に来る学校の中でも一番と言って良いほど、私からすると、優秀な学校の卒業生だ。
とても大人しめの学生さんだったけど、しっかりした感じだった。
実習中に、就職の相談を受けた。 
「病院で栄養士として働きたいが、病院の就職はほとんどない。とりあえず、委託給食会社に就職が内定しているが、どうしようか・・」と。
私は、「将来絶対、栄養士として病院で働きたいなら、委託で経験を積むのも、悪いことじゃない」と話していた。
そして、彼女は、委託に就職した。

昨日のメールは、
「仕事の方は急ぎなさい!って毎日言われながら頑張っています。仕事を始めてから自分のやりたいことはこれなのか?とよく考えてしまいます。病院栄養士には今だに未練があります。」と書いてあった。

そう、うちの委託さんにも、4月から新卒の栄養士さんが配属されてるけど、毎日、調理員のおばちゃんから、怒られながら頑張ってる。

たぶん、私もそうだったかも知れないけど、みんな学校では、栄養価の計算や、栄養指導とか、病棟での活動・・・、そんなことを多く学ぶとやもんね。
それが、実際、働いてみたら、現場の毎日・・・。

でも、あの「現場」の経験があったからこそ、今がある、と強く思える。例えば、現場を知らない栄養士が増えている(委託する病院が増える→最初から病院勤務の栄養士は現場を知る機会がない)。
仕事もパソコン導入により、食品成分表を開かなくても、栄養価の計算ができる。

最近は、栄養管理計画書作成の追われる中で、「栄養士の本来の仕事が疎かになってしまう」と感じていた。その矢先に、このメール。

彼女にはどうにか、今、踏ん張って頑張ってもらいたいと思う。頑張れ~!!!!!
いつか、病院栄養士になれる日、絶対来ると信じて欲しい。信じて、頑張って!としか言えないけど、こうやってメールでやりとりする仲になっているのも、何かの『縁』よ!これからも、見守ってあげて行きたいと思う。

そんなこんな日々の中で、また仕事が増えた。大学で臨地実習の事前指導の講義をすることになった。それも卒業校じゃない(優秀なS大)ところが、妙に緊張しそう・・・。
最近ダンナさんも、「仕事が増えた。大学で講義??」とか言ってた。

私達夫婦の年齢って、そういう(=仕事が増える?)「年頃」なんやろうか・・。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-04-22 07:09

永眠・・・

何度かココに書いているけど、私が勤務している病院は急性期の病院。
平均在院日数は20日以内を目指している。
でも、こんな病院にも、色んな事情があり、転院できず(ほとんどは、ホスピスへの転院がスムーズに行かない)末期の患者さんが、そのままうちの病院で最後の時を迎えることもある。

ガンの末期。痛みを薬で抑えながら、食事も入らなくなる。
数日前から、60代女性が2人、50代男性が1人、末期を過ごされていた。
私は食事を担当しているわけで、食欲が出なかったり、食欲はあるけど食べても食べても、嘔吐してしまったり・・・、そんな患者さんに、あまり私が顔を出すのもどうか・・・と思っている。

私が行くと、やっぱり「食事」のことを思い出させるし、心の優しい患者さんは、「食べれなくて悪いね」とか、「わがままばかり言ってごめんね」とか、そんな気持ちになるし、遠慮することもある。

60代・女性。入院当初から食事が思うように入らなかった。私は頻回にベッドサイド訪問を繰り返したが、その患者さんに、何もできないまま、日数ばかり過ぎていた。
今日、勤務中、途中に休みを利用して外出した。
病院に戻って、会議に出た後、残業していると、その患者さんが午後亡くなられていたと知った。
仲良くしている中堅のW看護師さんが、もう1人の60代・女性の末期患者さんのところから戻って来て、言った。
「Yさん、泣きよるとよ。Tさんが逝ったこと、ショックかとさ・・・。私も泣きそうになったけん、部屋ば出てきたよ・・・」

最近は、ベッドサイドへ行く時間が激減している。
急性期の病院だから・・・と、こんな言い訳は患者さんには通用しないと思う。
でも、この4月になってから、病院全体の雰囲気がおかしい、そんな気がしてならない。
みんな、どの部署も、どの職種も、仕事=書類記載に追われている。

私の仕事も激変している。
栄養管理計画書、これは、患者さんの状態をしっかりみて、「計画立てる」はずなのに、書くことに追われて、カルテや検査データばかりを追っかけている。 毎日、10人前後の入院とそれと同じくらいの退院があり、書類作成、データ取り・・に追われている。
これじゃいけない!!!

明日は、外科病棟にまず行こう。そして、Yさんと、もう1人50代の男性患者さんのところへ行こう。何かできることはないか・・・。

Tさんのご冥福をお祈りします。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-04-20 23:02