<   2006年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2006年、感謝・感謝・感謝の日々でした。

今年もあと2日です。

最後の最後にやってしまった・・・。

普通はお休みに入っているはずの保育園だけど、昨日・29日は、保育園のご好意で子供を預かってくれた。今日・30日も。
でもって、昨日は、17時までの保育だったらしい。
連絡表にそう書いてあったのを、すっかり見忘れていた。

普通どおりに仕事して、18時前に普通どおりに保育園に迎えに行ったら、トモエは1人だった。
先生は2人残って下さっていた。
あああああぁぁぁぁぁ・・・、恥ずかしい・・・・・。
先生ごめんなさい・・・。ありがとうございました。

こんなドジな私の2006年はどうだっただろうか。

1月は、’05,11月に始めたばかりのフラに、そんで、フラココに、少~しだけ慣れてきた頃。

2月は岐阜で行われた静脈経腸栄養学会へ、トモエを出産して初めて泊りがけの出張だった。
主に、NSTについての情報を得るための学会参加だったけど、この時点で、「ああ、うちの病院じゃ(NST立ち上げは)、難しかばい。」という印象を持ったのを覚えている。
こんなに多くの医師が栄養についての知識を持っていて、「栄養の大切さ」ってのを説いていた。そんな光景を目にして、うちの病院では「NSTを立ち上げる」必要性を病院側は強く感じているようだったけど、あの頃は、それを引っ張ってくれる医師さえ思い付かなかった。

3月には、5月の初ステージを目標に、親子でフラに励んでいた。
3月末から4月に高知へ家族旅行を楽しんだ。

4月は仕事が急に忙しくなり、(2006年4月から導入された「栄養管理加算」のため)、この頃、目の調子が悪くなる。明らかにパソコンのし過ぎだったよ・・・。

5月は、「こんなに早く実現するなんて!」と、感動しながら、福岡大丸でヒナコと同じステージに立った。
フラココの皆さんともだいぶん仲良くなれて、皆さんと一緒に行動できる喜びを味わっていた。

6月は、出産・育児・また妊娠・・・で、ここ数年さぼっていた「糖尿病」の勉強を再会した。
勉強会に行ったり、糖尿病食事療法の最新の情報をまとめ、患者さんへの指導に少し変化を持たせられる様心がけた。

7月は、この1年で「最も」と言っても良いくらい印象に残っている2つの出来事あり。
Bさん&Nさんの宮崎での結婚式で、親子でフラを踊った、ってのが1つ。
もう1つは、悩みに悩んだ末(←ダンナさんの出張と重なってしまったから)トライしたO市立病院へのNST臨床実地修練。
学生時代以来の「実習」。
大きな出会いもあった。本当に本当に貴重な経験ができたと思う。
あの5日間で私の考え方、気持ちは大きく変わったと思う。
私がなかなか前に進むことができずにいたから、神様が導いてくれたのだと思う。

8月は、いよいよNST立ち上げに向けて動き出した。

9月はNST立ち上げ。回診・カンファ・会議を毎週火曜日に行い始めた。

10月は、おくんち。
フラのみっちゃんのおかげで、今年は例年以上に、おくんちを楽しめた気がする。
北海道からはSさん&Hさん夫妻が旅の途中、我が家にも寄ってくれた。
10月は、「出会う」ことの素晴らしさ、貴重さ・・・を実感した。いろんな「縁」をありがたく思った。

11月は、フラのA先生が勉強のためハワイへ行き不在となるけど、自分に課題を与えて、フラの先輩に教えてもらって頑張った、頑張れた気がする。

そして12月に入って、私は、この月に出会った患者さんの事が時折頭をよぎるようになっている。
普段は普通に暮らしている、過ごしているのだけど、ふとした瞬間にその患者さんを思い出しては、「マジメに生きねば」と言う気持ちになる。

今年は「年女」だった。
って、別に年齢を皆さんに明かしたいわけではないのだけど、「年齢」を感じる事の多い1年でもあった。お肌や髪とか、体力とか・・・。
そんなこんなの1年の最後に、この患者さんに出会って、さらに、「命に限りがある」ことを再認識した。

来年も貴重な私の「命」を、私はフル活用したいと思う、改めて思う事でもないのだろうけど・・・。
1分1秒を大切に、勉強し、子供と戯れ、大きな「夢」に向かって新しく出会った“仲間”と頑張れたらいいなあ。

フラココのパーティでフラの先輩・Sさんが言っていた。
「夢は育つ」「夢を育てましょう」と。


さあ、今日もトモエを起こして保育園へ連れて行き、普段どおりに仕事です。
午前中予定いっぱいに仕事をしたら、駆け足で保育園へ行き、長崎~博多~広島へのプチ旅行です♪

行ってきます!

このブログを読んでくれている皆さま、本当にありがとうございました。
良いお年をお迎え下さい。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-12-30 07:04

鯛がない!!

今朝、ダンナさんとヒナコが広島へ車で出発した。

2~3日前からチョコチョコ荷物の準備をしていた。
そして、今日、最後の最後に入れるものは、「鯛」の予定だった。

この「鯛」2尾は、私の実家の母が、広島の実家の母へ、お正月料理の1品として心を込めて、私に託してくれたもの。

自分の娘が、夫の実家に帰る。少しでも私が過ごし易いように・・・と、母はいつも、私に気を遣ってくれている。いつまで経っても母からすれば、私は、「子供」なのです。

それなのに、『さあ、いよいよ出発!最後に「鯛」を入れるぞ!』・・・って時に、あるはずの鯛がない。
確かに冷凍庫に入れていた・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!

私とダンナさんはお互いを疑う。
私は出勤時間も迫り、イライラが増す。
ヒナコは、こんな両親の険悪ムードを感じて、玄関にちょこんと座っていた。(ああ、楽しい出発の時に、ヒナコには、申し訳ない事をした・・・)

朝っぱらから、Nちゃんに「この間、ダンナが渡した魚の中に、鯛がなかった?」と、変な電話もしてしまった。

もう遅刻しそうだし、とりあえず、出勤した。

職場についてから記憶が戻ってきた。

ダンナさんにメールして、たぶん「あそこだろう」という私の記憶を伝えた。

しばらく気持ちが悶々としていたが、普通に忙しく仕事をしていたら、気持ちも少しは落ち着いて来た。まあ、「鯛」の居場所が判ったから、良しとしよう。


そう言えば、今日、職場の後輩から「ケッコンします」と報告あった。
「決まったんですが、あんまり嬉しくないんです。こんな気持ちでケッコンしてもいいんでしょうか?」と聞かれた。

「ケッコンねえ~。ケッコンしたいって思えばすればいいたい。悩むくらいなら止めればあ~」と、ちょっと、いや、かなり辛口の返答をした。

不思議だよなあ、と思う。
仲のとっても良いご夫婦をたくさん知っているけど、でも、うちは(私は)、本当によくダンナさんと「衝突」する。
つくづく「この人とは合わない」と思うこと(時)が多い。

しかし、そう思いながらも、図々しく、そんなダンナさんがクリスマスプレゼントにくれたコレに、
b0005874_23475893.jpg

ダンナさんが入れてくれたフラやハワイの曲を聴きながら、癒されている自分が居たりする。
ダンナさんに頼っている自分が居るんだよなあ・・・。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-12-28 23:48

経験と感動が大事なんだって!

今日は午後から(このくそ忙しいのに・・と思われているような雰囲気の中)、振り休を取って、フラのレッスンへ行った。

今、習っている古典フラ・Ua Nani ‘O Nu’uanu の練習が主だったのだけど、最後に、リクエストに応えていただいて、「Maunaleo」という曲を踊ることができた。

A先生が居ない11月に、自分で自分に課した曲で、フラの先輩達に教えてもらった曲。
初めて、先生の後ろで、今日踊ることができた。
ああ、気持ちよかった~♪
私に教えてくれていた、土曜クラスのKちゃんとTさんに心の中で「ありがとう~♪」とつぶやいた。

この曲、何だか、心に浸みる曲調で、やっぱり涙が出そうになっていた・・・。(最近、涙腺が緩い・・・アタシ)

もう1つ、今日のレッスンで「良かった!」と思えることあり。
「ナガちゃん」という方に出会えたこと。
何だか、すごーーーーいパワーの持ち主さんだった。
笑顔が素敵な方だった。
笑顔の裏に、色々な困難を乗り越えて来ているような感じも受け(勝手な印象ですが)、それがまた、私の心に響いたのです。

そんなこんなの今日、広島へ明日旅立つヒナコと後から追いかける私とトモエの荷物のまとめながら、「オーラの泉」を見ていた。

そしたら、江原さんが言っていた。
「経験と感動」が大事だと。

その言葉を耳にして、昼間に出会った「ナガちゃん」を思い出したりした。

私は、今年は多くの「経験と感動」を体験できたと思う。
来年はさらにスゴイ1年になりそうな気がするよ!

明日(今日)はもう28日。この日で仕事納めっていう人多いよね。
皆々様、お疲れ様でした!
私はもうちょっと頑張ります。(トモエもヒナコの居ない保育園で頑張ります。)

↓マンションには門松が・・・。去年は無かったような・・・。こんな心配りが嬉しく、マンション管理会社さん?管理人さん?に感謝!
b0005874_0524279.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2006-12-28 00:56

感謝の日々・・・

家ではダンナさんが1人休暇を取り、家の掃除をしてくれていた。
帰宅したら、ご飯までできていた。 ありがとうございまする。
こんなんだから、私は、どんどんズボラな主婦になってしまっているような気がする。

そういえば、フラのTさんのご主人は、ほとんど何もなさらない「亭主関白」さんらしい。
だから、Tさんは、自分で何でもこなして、何だか、スーパーウーマンに見えるのは・・・、ああ、ご主人の“おかげ”?かしら・・・。(何て事を言ったら、Tさんに怒られそうだけど・・・)


   ******
昨日は今年最後のNSTカンファ・回診だった。
NST介入後、順調に食事も食べることができるようになって、回復の方向・・と思っていた患者さんが、急に食べられなくなり、その原因は判ったものの、じゃあ、この先、こういう患者さんは、NST離脱するのか?とか、また、色々決めなければならないこともでてきたりして・・・。

発足して4ヶ月経った当院・NSTだけど、ここ数回は、火曜日のNSTが終わると何だか疲れが残っている気がする。

引っ張ってくれているA医師は明るく、「こんなもんだろう」と言う。昨日もA医師は、NSTの途中、ポケベル鳴り、2回もCT室に呼ばれて不在になる。
医師不在のラウンド(回診)は、私にはけっこう重荷・・・。
勉強不足を実感させられる。
1つの病棟が終わり次の病棟へ進む階段の足取りは、重かった・・・。

最後に、外科病棟H主任さんが、
「でも、NSTして良かったと思うよ。」とポツリ。(こんな疲れている時に、こんな言葉を耳にすると泣けてくる。感謝!)
そうなんだよなあ。何もしていなければ、こんなに悩み苦しむこともなかったわけで、悩みや疑問がなければ、勉強もせず、何もしないままに過ごすことにもなり兼ねないわけで・・。
そうよね、「良かった」とよね。(自分に言い聞かせているところです)

来年の目標は決めた!! やるぞ!!!


  ******
仕事の後、さっぱりしたくて、ダンナさんに子供達をお願いして美容院へ行った。
お店を出る時、「良いお年を・・・」と美容院の先生に言われる。
本当にそうだなあ。年末だなあ。

広島に帰省するという事だけが決まり、お土産など準備しているし、年賀状も投函したけど、イマイチ「お正月」を迎える実感が沸かない。

  ******

我が家には、ほんとうーーーにありがたいことに、昨日も、今日も、プレゼントが届いている。
北海道・Hさんから、嬉しい美味しい手作りの料理、可愛い手作りのカップ。
諫早・T先生奥様から、箱いっぱいに詰まったプレゼント色々。
北海道から帰って来たNちゃんから、これまた美味しいオムレット。

頂いた物はもちろん、皆さんの「気持ち」に感動しております。
この気持ちを大切にしていきたいなあ、と、つくづく思う。

なーんだか勝手に思っている、「皆さんに支えてもらっているなあ」と。

本当に感謝・感謝・感動・・・・・の年末です。ありがたい。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-12-27 06:26

病院でもケーキ♪

クリスマスは病院でも「クリスマス・ケーキ」が昼食に出されました。

白い生クリームと赤い苺の色合いは、なーんとなく、楽しい気分にしてくれます。

b0005874_8235040.jpg


今一番気にしている患者さんは、もう殆ど食事が入らない。
もともと食欲は落ちてしまっている状態で入院してきたが、先週から抗がん剤投与が開始され、その副作用により、さらに食べられなくなっている。

絶食(食事を止める)にはしない方針。本人希望の、食べられそうなもの(アイス、プリン、ゼリー、ヨーグルト)と栄養剤をつけている。しかし、これらも数口のみ。
もちろん必要カロリーは足りない。
IVHで、今はフルカリック1号が行っている。

今日はNSTの日。
何か、スタッフみんなの良い案が出れば良いなあ、と思う。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-12-26 08:24

クリスマスですねー♪

クリスマスイブ24日から日が変わって、今日はクリスマスだねえ。
月曜日だし、普通に、忙しく1日が過ぎるのだろうなあ~。

昨日は、思いがけず、アタシにクリスマスプレゼントが届いた。

ピーンポーン♪と玄関に、宅配の配達のおじさんが。
私宛のその荷物には、ある旅行会社J×Bと書かれてある。

ああ、数ヶ月前、ハワイ旅行のために、その会社で積み立てしていたから、何かパンフレットでも送って来たちゃろうか?と思いながら、でもパンフレットにしては包みに膨らみがあるなあ、と思いながら開けてみた。
そしたら、ハワイアングッズ等が次から次へと入っている・・・。
な、な、何???
もう一度、よーく差出人のところを見てみた。
J×Bという会社名の横に、箱根のTちゃんのお名前が!!!

ああ、Tちゃんからなのねえ~♪
びーーーーっくりしたよーーーーっ!!!!

でも、この場をかりて、ありがとーっ!
Tちゃん、どんなクリスマスをお過ごしかしら~?!

↓こんな素敵な品々頂きました。
b0005874_040471.jpg


b0005874_0405197.jpg


b0005874_041839.jpg


b0005874_0412377.jpg


b0005874_0414459.jpg


で、最後に、Tちゃんはこんなものまでプレゼントしてくれました。
か、感動したよ・・・。たくさんの「チャングム」の表情が見れて嬉しかったです。
b0005874_0425650.jpg


この写真付きノート(便箋)の最後のページは・・・
b0005874_0434419.jpg

シールでしたーっ!
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-12-25 00:43

イブはテレビ三昧・・・(涙)

クリスマスイブ・・・を、1人で過ごした。
っていうか、家族3人は隣の部屋で、寝息をたてて、スヤスヤ寝てます。
子供は寝るの判るけど、ダンナさんまで、寝ている・・・。
まあ、いいけど・・・。

で、私は、(クリスマスイブなのに!)仕事をしながら、ボーっと、テレビを見たりした。

「北の零年」という映画を、時々見た。
最初はそうでもなかったけど、最後は、涙涙涙だったよ。
吉永小百合さんの
「生きているかぎり、夢を見る力のあるかぎり・・・」なーんていうセリフには、ジーンとなったよ。

そのままテレビを付けていたら、「「楽園ハワイ観光100年目の落とし穴!!殺人細菌で遊泳禁止!?イルカツアーの光と影」という番組あり。
ハワイ旅行計画があるから、ダンナさんにも見てもらおう!と思い、録画もした。

「観光のために行く」予定のアタシにとっては、ちょっと胸の痛くなるような内容だったけど、やっぱり感動した。
知らないハワイ人のことを少ししった。
観光客が賑わう海の見える場所で、多くのハワイの先住民の人達がホームレスであったり、漁師をできなくなり、「イルカと泳ぐツアー」の船長さんになった人の話があったり、これまた、涙した。

あっ、そうだ、今日は、有馬記念でも感動したんだった!!!
凄かったよねえ~、ディープインパクト!!!  最後のコーナーを曲がったときは、涙が出そうだったよ。
武豊さんって、なーんか淡々としているけど、カッコいいよなあ~、と、優勝後のインタビューで感動した。

クリスマス・イブの今日、トモエの風邪が重症化したこともあり、一歩も外に出れなかったけど、意外とたくさんの感動をテレビから頂きましたっ!

↓ディープインパクトが優勝して、紙吹雪でお祝いしたヒナコは、その紙吹雪で散らかった部屋をお掃除しております。
b0005874_0315915.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2006-12-25 00:29

サンタさんが来ましたっ!

1~2日早いのですが、実家や我が家にサンタさんが来て、子供達にプレゼントを置いていってくれた。

23日の夜、実家で忘年会?(子供にとってはクリスマス会?)あり。もちろん、プレゼントもありました。
↓トモエ、大・大・大喜びのこの笑顔。
b0005874_1125572.jpg

b0005874_1129856.jpg


ユキサンタ(姉)からは、帽子をいただきーっ。あったかそうな帽子だよ~♪
b0005874_11301350.jpg


ヒナコは、クリスマスの歌を披露したよ。
このおかげで、おじいちゃんがおこずかいをくれました♪すごーい、ヒナコーッ!!
ヒナコはお金よりも、それが入った袋の方が嬉しかったみたいです。まだまだ可愛いです・・。

そして24日、今朝の写真↓まだ本人(ヒナコ)熟睡中。
b0005874_11304848.jpg


前の晩、「大きい靴下ば置かんば!!!」と大騒ぎしていたヒナコに、以前、フラのA先生ご夫妻から頂いていた「靴下」で機嫌直り、今朝、その靴下の横にプレゼントが置かれてあった。

今日は朝からその「プレゼント」の取り合いで、少々険悪ムード漂うヒナコとトモエだったよ。



昨日は、午後、ヒナコとトモエを連れてフラのレッスンへ行った。
レッスン最初は、やっぱり気持ち↓だったけど、A先生の優しい(優しすぎる)言葉に、これまた涙が出そうになり、困った。
レッスンすればするほど、踊れば踊るほど、何か自分の身体から、嫌なものが出て行ってくれているような気になった。
フラって凄い・・・。

今年最後かも知れないってことで、挨拶の言葉を述べたよ。
「今ではフラ&フラココ無しの人生は考えられないです」と。

本当に感謝です。フラココの1人1人の皆さんに感謝です。


フラココの皆さんに、来年は、とってもびっくりしてもらえる事が「できる」かも!
ただ今特訓中でーす!


「自分が幸せじゃないと、人を幸せな気持ちにさせられない」なんて、恥ずかしい言葉ですが、今、まさにそう思います!
明日から30日まで、とにかく、とにかく、頑張ります、精一杯に仕事をしますっ!
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-12-24 11:30

・・・・・

火曜日以降、自分の周りで起こる、幸せそうなこと、楽しそうなこと、良かったね!と思えることに、心の底から、そう思えない自分がいる。

別に、自分が病気になっているわけでもないし、普通に暮らしているし、子供達と一緒に遊んだり、仕事も普通に忙しくしているし、笑って職場の人達と世間話することもあるし、全く普通なんだけど・・・。
何だか、ふとした瞬間に涙が出そうになったりするし。
一番嫌だな、と思うのは、嬉しそうに、楽しそうに、幸せそうにしている人をみると、一緒に祝ってあげたりしたい!と思うのに、でも、それができない事。そう思う自分の心の反対側に、今、死と向き合っている患者さんの事が頭をよぎってしまう。
その患者さんは、いつも笑顔で、きっとそんな事思ってもいないだろうに・・・。私が勝手に、幸せそうに、明るく元気にしている人に言いたくなる、「こんなに辛い人もいるのに、笑ってないでよ!」と。

人間できてないんだろうな、アタシって・・・と思うのだけど。

昨日は、昼休みに、職場近くの郵便局でフラ先輩のkちゃんにバッタリ会った。
「明日、土曜日のフラのレッスンに、行けそうにないから、金曜クラスのレッスンに行こうかなと思ってる」と教えてくれた。

ああ、私も行こうかな!と思いつく。
すぐにダンナさんにメール。快く、「行って来い!」の返事メールあり。

が、家に帰る時間が近づくと、やっぱり止めよう・・・と思ってしまった。
「レッスンに行って、皆で楽しくワイワイせんでも、自分の家で自主練すればよかったい!」なーんて考えるアタシって、、、、、なんてマイナス人間なんだろうか?!

なーーーーーーんか判らないけど、このままじゃいかんばい!!!

今日と明日は一応休み。(あの患者さんが「絶食」になっていないか気になるし、職場に行くかもしれないけど。)
今日は夕方にはフラのレッスンもある。
気持ちを切り替えねば!

そう、患者さんが入院している脳外科病棟・ナースセンターで、外科のI医師(その患者さんに抗がん剤投与の指示を出すために来ていた)が、脳外科の医師達に話していた。(全員男性)
多くのガン患者さんと関わっているI医師は処方箋を書きながら、
『女性は強いんですよ。そのうち、今の自分の状況をちゃんと受け止めて、前向きに変わるんですよ。不思議ですが、ほとんどの女性がそうですよ。男性は弱くてダメですけどね・・・(笑)・・・』と話していた。

脳外科の医師達も、その言葉に大きくうなずいていた。

私も看護師さんたちも、少し笑顔になる。私はまた涙が出そうになっていた・・・。(ダメだなあ)

これまで何症例もケモをする患者さんには接してきたが、こんなにケモについて勉強する自分は初めてのような気がする。
神様が私に何かを伝えようとしている気がする・・・。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-12-23 06:22

こんな日もあるよね・・・

今日はNSTの日。

6階の混合病棟、5階外科病棟、4階内科病棟、3階整形外科病棟、そして最後に2階脳外科病棟。

脳外科病棟では、5症例がNSTの介入対象として紹介された。
そしてそれぞれの患者さんの栄養について話し合う。
最後の症例で、とても辛い患者さんに出会った。
いや、正しくは、まだ「会って」いない。
話し合いはしたが、本人には会えなかった。

明日、私はNSTスタッフと言うより、管理栄養士として、その患者さんのベッドサイドへ行くことになっている。

何だか気が重い。
こういう仕事しているのだから、ガン末期の患者さんや、突然の脳疾患を患い半身不随の患者さんとか、重症の患者さんが珍しいわけではない。

でも、今回のこの患者さんには、色々な思いが重ってしまって、ダメだ・・・。

家に帰ってもため息ばかり。
子供と見ていると、涙が出そうになったり・・・。

一晩寝て、気持ちスッキリ、背筋もピンと伸ばして、患者さんのところへ笑顔で行こう。

人生って何なんだろうか。

死って・・・。

判っているようで、まだまだ判りきっていないような、アタシ。

ただ、こんな時に思うのは、せっかく受けた「生」を、大事に生きなければ、と思うのです。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-12-19 22:47