<   2008年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

別れの季節・・・また、会おう!!!

いつもの年度末に比べて、今年は、なーんか“別れ”が多い気がする。

子供たちが仲良くしていて、アタシも仲良くさせてもらっていたSちゃん家族は、ご主人の転勤で、五島・宇久島へ旅立ちました。
ヒナコと同級生のSちゃんには、トモエと同級生のYちゃんという妹がいるのだけど、その3歳のYちゃん、最後の保育園の日は、大好きだった先生に抱きついて、大泣きしていた。
トモエと同じ歳なのに、なんて感情豊かなんやろう・・・。思わず、Yちゃんにもらい泣きしたよ、アタシ・・・涙。

我が家では、すでに、「夏休み・宇久島旅行計画」が持ち上がっているよ♪ 楽しみだ!

保育園では、転勤ではなくても、ヒナコと小学校が違う同級生とは、この春でお別れ・・となる。
けど、先日のBBQとか、卒園式後の焼肉屋さんでの親睦会とかで、仲良くなった同級生やママさん達とは、必ずまた会える気がするよ。
この良い縁は、大切にして行きたいと思う。


高校時代からの親友Dも、ご主人の転勤で引越しらしい。
今までも福岡在住で、そんなに頻繁に会ってはなかったけどさ、今度は、愛知県らしく、やっぱり遠くなると、寂しい。
ああ、もっと会っておけばよかった・・・とか。
それにしても3年毎の転勤。大変やろうな。頑張ってー!!!

そうそう、フラ仲間Aちゃんも遠く関東へ、ご主人の転勤でお引越し。
Aちゃんには、アタシがフラを始めた最初の頃から、色々と相談にのってもらっていました。
優しくて、気取りがなくて、ほんわか雰囲気のAちゃん。妹の居ないアタシにとっては、勝手に、妹のようにも思っていたよ。
うー、これは、アタシにとって、かなり“痛い”別れ。
でも、なーんか、ずっと、繋がっている気もしている。

b0005874_16244393.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2008-03-31 16:25

卒園式~先生方に感謝、出会いに感謝~

昨日、大荒れの天気の中、ヒナコの通う、大浦保育園 第60回卒園式がありました。

窓の外は、雨・風がひどかったけど、保育園の中は、とても温かい雰囲気だった。

プログラムの最初の方に、「卒業証書授与」がある。
一人ずつ名前を呼ばれる。
「はいっ!」と大きくお返事をして、マイクの前へ。
ヒナコは、「わたしはおおきくなったら、がか(画家)になりたいです!」と元気良く言えた。
わが子の成長した姿に、すでに目はウルウル・・・。

そして、壇上へ。
園長先生から卒業証書を受け取る。

下へ降りて、花をもらって、その花と卒業証書を持って、母親の席に来る。

「おかあさん、ありがとうございました!」と言って、花と卒業証書を渡してくれるのだ。

もう、涙止まらんよ。


プログラムの最後の方に、「お別れの歌」というのがある。
2曲歌ってくれるのだけど、これがまた、泣かせる歌詞なのだ。

≪修了の歌≫
西も東も知らぬ子を
手をとり教えていただいて
こんなによい子になりました
先生本当にありがとう


≪君とぼくのラララ≫
さよならなんて いわなくても
いいよね またあえるね
げんきでなんて いわなくても
げんきで またあえるね
ぼくのみるそらと きみのみるそらは
つながっているから おんなじそらだから
ラララ さよならのかわりに なみだのかわりに
ラララ きみとぼくのあいだに
ラララ ひとつのうた

ぼくのみるゆめと きみのみるゆめは
つながっているから おんなじゆめだから
ラララ・・・

b0005874_13174811.jpg


歌の途中で、担任のK先生が園児の間に入って一緒に歌ったのだけど、
もうその時は、感動もマックスに達したよ・・・。


本当に、本当に、ありがとうございました。

夜は、ダンナさんがアサヒをみてくれて、アタシとヒナコ、トモエは、謝恩会・・・とまでは言わないけど、数人のお友達家族と、焼肉食べに行きました♪
子供は子供同士、母親は母親同士、父親は父親同士・・・になって、それぞれ楽しい時間を過ごしたよ~。
b0005874_13195048.jpg

これからも家族ぐるみでお付き合いを続けて行きたい・・、みんな、そう思える方たちばかり。
ヒナコのおかげで、良い出会いに恵まれているなあ。
[PR]
by tubameuo_masami | 2008-03-24 13:19

考えているだけでは、解決できず・・・

そう、このままじゃ、どうにもこうにも、前にも進めず、フンギリ付ける勇気もなく・・・、ウダウダ言ってたら、やっぱりダンナさんが、「行って来い」と背中を押してくれて、行って来た。

行ったのは、フラココのスタジオです。

もう、感想を書くまでもないです。

アタシは、本当に、感謝せねばなりません。

急な申し出を快く受けてくれたA先生、ありがとうございましたー!
久しぶりのレッスンで一緒だった、Tさん、Sちゃん、Sさん、Kちゃん、涙見せちゃって、ごめんなさーい。

先日、某所で会って、話を聞いてくれたMさん、ありがとうございましたー!

いつも応援してくれている、Nちゃん、Hさん、ありがとうございます!

そして、家族。
アタシのレッスンの間、一人で「ぬりえ」をしたり、工作したりして、2時間待っていてくれたヒナコ、
父さんと“おりこうに?”過ごしてくれたトモエ、
まだ2ヶ月そこそこなのに、かあさんの勝手で、数時間、抱っこしてあげられなかったのに、父さんと授乳のためにフラココ・スタジオに来た時は、おりこうさんにしている寝顔を見せてくれて、ホッとさせてくれたアサヒ・・・、3人の子供たちよ、ありがとー!

そして、ダンナさんねえ・・・。 ダンナさんが居なければ、今日の復帰は実現せんやったよ・・・。
本当にありがとうーです。


今日みたいな“土曜日”(=ダンナさんが居て、子どもたちが病気せず元気で、そしてお天気で・・)ばかりとは、限らず、この先順調に、レッスンに参加し続けることができるのか、それは、確実ではないけれど、冬眠から覚めた熊?のような、気分です・・・って、例えがヘン?か・・・汗。

それにしても、12月中旬から、今日まで、家で一人でやるのと違って、「課題」がたくさんできて、嬉しいばい。
今日の機会を与えてくれた、みーーーなさんと家族に感謝しながら、今日の日が無駄にならぬよう、これからも自主練頑張らねば・・・。


このシスターズがいる≪夕方クラス≫には、まだ、時間的に、当分復帰は難しいけど、また一緒に踊れる日を楽しみにしているのです!
b0005874_23242796.jpg


帰り道、キレイなお花をバックにパチリ☆ ヒナコも今日のレッスン、楽しかったって!!
b0005874_23243893.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2008-03-23 00:00

久しぶりの<トモエの>フラスカート姿

今日は、すーーーごい天気良い長崎です。

明後日は、いよいよ卒園式なんだけど、天気予報では雨・・・。ああ、こんなお日様の下で、記念写真撮りたいなあー!

卒園式間近ですが、先日アップしたように、ヒナコ達は、日々忙しく行事をこなしているようです。

今週は、月曜、火曜と連続して、国際観光船入港セレモニー出演がありました。

↓「ノーチカ」では、くまのぬいぐるみを頂いて帰って来たヒナコ、とーっても嬉しそう♪
次の日の「マキシムゴーリキ」では、キャップを頂いていたよ~。
マキシムゴーリキは、ドイツ船だったらしく、挨拶は、ドイツ語でしたよ~。ヒナコが練習してたけど、全然わからんやった・・・汗。
b0005874_13115584.jpg



さて、こんな日々、子供たちは、長女・次女・長男とみんな元気だけど、アタシだけがなーんか体調↓・・・。
火曜日は、熱が38度台まで出てしまい、「インフルエンザ」を疑うダンナさんの強い勧めで、知り合いの内科を受診。インフルエンザではなかったけど、アタシにしては、めずらしく、食欲も低下、吐き気まで出てしまう始末・・・・・。

そんなアタシを元気付けてくれようとしたようで、娘達が、祝日でお休みの昨日、フラを踊ってくれましたー!
もちろん、、、と言うと、お恥ずかしいですが・・・、はい、涙してしまったです・・・・・・・。

最近、トモエは、フラを“拒否”していた。
理由は判らないけどね。2歳から3歳の前半は、よく踊ってみせてくれていたけど、4歳近くなると、“照れ”が出ているのだろうか、踊ってくれなくなっていたのです。

ところが昨日は違ったよ。 
自ら、フラスカートをつけて、大好きな曲を2曲披露してくれました。

子供たちに、今のアタシの悩みとか、「体調悪かとよー」、とか、言っているわけではないけど、子供って、スゴイなあ・・・、なーんか、感じ取ってくれていたのかな~。

さあ、明後日は、ヒナコとアタシ達夫婦にとって記念となる日。
元気な“かあさん”に戻ろうっと!!!

↓パーリーシェルを踊っています。 ああ、大きくなったなあ~。
b0005874_13243715.jpg
b0005874_13244846.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2008-03-21 13:24

長崎市民の森で、バーベキュー大会!

日曜日は天気もよし、準備もバッチリ・・で、朝から市民の森へGo!

ヒナコの保育園同級生の家族と一緒にバーベキューを楽しんだよ♪

大人数で最初はどうなることやろう・・・と思ったけど、時間が経つに連れて、それぞれが、それぞれの“場所”を確保して、それぞれに楽しんでいたようです~。

メイン料理のスペアリブとバイク仲間のJさんから教えてもらったタンドリーチキンは、ダンナさんが、前日から仕込んでいたよ。
b0005874_11512730.jpg


当日は、太陽の光も眩しいほど。 急遽、市民の森さんから、パラソルも借りましたー。
b0005874_11532158.jpg


料理は、次から次へと、パパさん達が頑張ってくれていました。
スペアリブ、タンドリーチキン、意外と好評だったホットドック・・・。どれも美味しかったよー。
ダンナさんが作っていた、ホットチョコミルクは、甘いの大好き~なママさん達に大好評で、あっという間に売り切れていたよ。
b0005874_11544089.jpg
b0005874_11545310.jpg


大好きな先生とたくさん遊んでもらったトモエ。よかったねえ~♪
b0005874_11565094.jpg


アサヒも、たっくさんの人に抱っこしてもらっていたね。育友会会長さんにまで、抱っこされているよ~!
b0005874_11573749.jpg


帰宅してダンナさんと話した。
アタシ達家族って、本当に、“人との出会い”に恵まれとるよねえ~!と。
縁に感謝した1日でしたー。

子供たち、参加者に怪我などなくてよかった・・・けど、うちのダンナさんは、5針縫う“大怪我”してました・・・。 
[PR]
by tubameuo_masami | 2008-03-18 11:59

もうすぐ卒園式

本日アサヒは60日目を迎える。
よく飲み、よく泣き、よく寝て、そして、最近は、時々笑っている。
ずーっとみていても赤ちゃんの顔は飽きない・・・とは、本当の事だね。
起きている時も、寝ている時も、顔の表情は、どんどん変わるから、面白い。
b0005874_64313.jpg



さて、この1週間、急に忙しくなってきた。
その理由は、明日のBBQ。
保育園の友達家族、数人と行く予定が、結局、同級生全員に声をかけることになり(もちろん先生も!)、その出欠で、参加できない家族は3~4家族だけらしい。

結局、50人くらいの大人数!
準備はほとんど発起人である、ダンナさんが一人でやってたけどね、人数が、ここまで増えると、みているだけでは不安になってきて、アタシもフル稼働で、注文や買出しなど走っている。

明日は、キャンプ場の予約時間が11時~15時と限られているため、今日は、ほとんどの材料の仕込みを行う予定。

買出ししてたら、その量の、あまりの多さに、実家の母が心配してくれて、今日は、アサヒの子守りに来てくれる、との事。
アタシは、午前中は、ひたすら、下準備にハマル!!

明日は天気もバッチリのようで、子供たちにとって楽しい時間となるよう、もうちょっとガンバロウっ♪

今晩は、ヒナコのフラのレッスンのあと、ヒナコとトモエと3人で、保育園へ行く。
保育園の“育友会”主催の「すみれ組(年長)のお別れ会」がある。
保育園ママや先生たちとゆっくり話せるかな。楽しみばい。

そんなこんなで、<卒園モード>の我が家です。
今、ヒナコは卒園式に卒園児全員による「お別れのことば」と言うものの暗記・練習をしているのだけど、それを聞いているだけで、胸がジーンときているアタシです・・・。

ことばの最初の方
もものおはなもきれいにさいて きょうは ぼくたち、わたしたちのそつえんしき。
たのしくあそんだおともだちともおわかれするひになりました。

ことばの最後の方
・・・わたしたちは このたくさんのおもいでを たいせつにして みんななかよくいちねんせいになります。
ゆりぐみ ももぐみ うめぐみ きくぐみ たんぽぽぐみのおともだちも やさしいよいこになってください。
わたしたちもいっしょうけんめいべんきょうをがんばります。
だいすきなほいくえん だいすきなせんせい そしておともだち  おげんきで さようなら
そつえんじいちどう

ああ、アタシまで暗記できてるよ~。 とくに最後の行は、本番で、もしそれまで涙をこらえることができていても、ココでドワーっと涙溢れそうばい。
[PR]
by tubameuo_masami | 2008-03-15 06:43

「無理はしたくない」けどね・・・

アタシはいつも「走っている」気がしてた。

っていうか、性分なのだと思うけど、「のんびり」過ごすより、「時間に追われて」いる方が、達成感あり、それが自分自身に合っているのだろう、と、最近思うようになっていたから。

が、3人目を産んで、この子の顔を見ていると、「ああ、ゆーっくり生きて行くのもいいなあ」とか、思うようになっていたのも事実。


先週土曜日から、ヒナコはフラのレッスンに復帰した。アタシ自身の復帰は未だだけど、ヒナコについて一緒にスタジオへ行ったのだった。
久しぶりのスタジオに、そしてALOHAな空気に・・・、帰宅したら、そりゃあもう、癒されているのだろう、と予想していたが、そうでもなかった。

それどころか、家に帰るとため息ばかり。

これはフラココの事情を知っている人にしか判らない事で、あえてココに書くつもりはないのだけどね、なーんか焦り・・・っていうか、なんていうか、不安な気持ち?か、よく判らんのだけど、胃がキリキリ痛むような気持ちに陥ってしまった。

自分の気持ちに真っ直ぐに、何も考えずに行動するとすれば、それは、自分自身にかなり「無理をさせる」ことになる。
不安や焦りを打ち消し、気持ちに正直に行動したいなら、4月からレッスンに復帰すればすむこと。問題解決は簡単・・・。
ダンナさんも、「4月から(フラのレッスンに)行かんね。アサヒは自分がみとくけん」と言ってくれている。

でも、ただレッスンに行く・・・と言ってもね。今は1時間半くらいおきに張るオッパイはどうするのか・・・。ダンナさんがみてくれる、と、言っても、やっぱりアサヒの事が心配・・・とか。 行くとなるとその前後の準備、家の事など・・・。

頑張れば不可能ではないのだけどね・・・・・。なーんか、悩むよなあ・・・。
もう、すでに、大きな遅れを取っていると言う不安も、アタシを落ち込ませている原因なのかな。

癒されるはずのフラに、も、も、もしかして、アタシってば、苦しめられてる???

いっその事・・・・・・、なーんて考えたりもして・・・・・・・・・・・・・・・。


そんなこんなの週末から週明け、気持ちが落ち込むと、病はひょいっとアタシの身体に入って来ていたよ。 また風邪ひいてしまった。。。
昨日は耳鼻科を受診して、どうにか、授乳中でもOKな抗生物質をもらってホッとしているところ。

さあ、本来のアタシに戻って、頑張ってみよう! (時々弱音を吐きたくなるさね、、、)
と、・・・窓から差し込む太陽の光に照らされている、小さな我が子の手を見て、そう思ったよ。
b0005874_1050246.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2008-03-11 10:54

最後の最後まで予定ギッシリ・・・感謝!

熱が心配だけど、スヤスヤ寝ているアサヒ。
で、さっき、ブログアップしたばっかりだけど、また書きます~♪

さて、今月(3月)は、ヒナコの卒園式があるけど、保育園の行事は、“普通に”ギッシリ詰まっているよ。

最後の最後まで、充実した内容の保育園ばい。 凄いなあ~!

ちょっと書いてみるばい。
3日 ひなまつり会、スイミング
4日 英会話教室、お茶のお稽古
6日 お茶のお稽古
7日 ハウステンボス遠足
10日 スイミング
11日 英会話教室 お茶のお稽古
12日 避難訓練
13日 交通安全教室
17日 国際観光船「ノーチカ」入港セレモニー出演
18日 年長組と在園児とのお別れ会
     国際観光船「マキシムゴーリキ」入港セレモニー出演
19日 身体測定  卒園式練習
21日 卒園式練習
23日 卒園式

卒園式後も行事満載。幼稚園と違って、保育園って、最後の最後まで・・・。感謝!

25日 お別れ遠足・琴海中央公園へバス遠足
26日 こま廻し大会
28日 国際観光船「スタテンダム」入港セレモニー出演(←アタシも一緒に乗船予定!嬉しいーーー!!!)

そんなこんなの大浦保育園。
23日は、大泣きしそうだわ、アタシ・・・。

まあ、アサヒも通うことになるだそうし、あと6年?7年??は、お世話になりますっ!
[PR]
by tubameuo_masami | 2008-03-06 09:55

38度の熱・・・

夜中、アサヒの授乳は今のところ2回。
昨夜は時計のように、ちょうど3時間おきに起きていたアサヒだけど、ちょっといつもと違う??
なーんかいつもより首のところが熱いよ・・・。で、体温計で計ってみたら、38度台!

オッパイもグイグイ吸って飲んでるし、ヘンな泣き方とかしてないし、ウンチも普通だし、様子を見ることに。

朝になってダンナさんに相談。 すぐに分厚い育児書を開いていたダンナさん。
「熱が下がらなければ病院に連絡した方がよかよ」と。

まだ7時だったし、もう少し様子みて、変わりなく熱あれば、O助産師さんに連絡してみよう、と思っていたけど、その後、37度前半に下がっていた。

小さい赤ちゃんの身体のこと、ちょっと今日は慎重に様子をみておこうと思う。

姉2人の「シケ」「甘え?」による、体調不良も、少しずつ改善傾向です。
[PR]
by tubameuo_masami | 2008-03-06 09:54

大事な教育だなあ、「性」について、「命」について。

アタシが中学生のころって、「性教育」とか聞くと、なーんか「恥ずかしい」とか思っていた記憶あり。
今、その教育に、アタシの尊敬するO助産師さんが積極的に取り組んでいて、アタシも(っていうか、ダンナさんが・・・)少々協力しているのだ。

何に協力しているかっていうと・・・・。
O助産師さんは、時々、市内の中学校や高等学校へ出向いて、「性について」「命について」など、話しておられる。
その中で、トモエ出産時の写真を提供して、その写真を使用しつつ「出産ってこんなものだよ」「こんなに感動だよ」・・・などなど説明しておられた。

この度アサヒの妊娠が判明した当初からO助産師さんい頼まれていた。
「今度はビデオ撮影をダンナさんにお願いできんやろうか?」と。
アタシは快諾していた。 ダンナさんも撮影、編集と、協力を約束してくれていた。

そして、出産間近には、
「家族みんなが立ち会って、その様子が撮影できたらいいなあ」と言われていて、もちろん、アタシもそうできたらいいな、って思ってたから、それにも快諾していた。

そして、アサヒは「家族みんなに迎えられ」てこの世に誕生したわけ・・・なんだけど、
この今回の出産の様子のDVDを持って、さっそくO助産師さんはある中学校に授業に出かけたそうだ。

今回のテーマは「家族で迎える新しい命」。

そして、3校の授業を終えたO助産師さんが、昨日我が家に来てくれた。「DVDありがとう!」の言葉とともに、生徒さん達の感想文を持って来てくれた。

1枚1枚に感心し、感動した。
「へえ、今頃の中学生って、そうなんだ・・・」って、自分の頃がどうだったか、イマイチ覚えてないけど、何だか、感心したのだった。

その中で、「学校の先生達も喜んだ」らしい、1枚の感想文にアタシも嬉しくなった。

その男子中学生は、

自分の親が離婚しており、親が大嫌いだったけど、O助産師さんの話を聞いて、「どんな事があっても、あなた達の親は2人しかいないんだよ」、と聞いて、嫌いになった自分がバカみたいでした・・・、

と、書いていた。

その他、「命について」「SEXについて」「男女の身体のしくみについて」など、O助産師さんの話を聞いた、中学生達の率直な感想が書かれてあった。


今年度の授業は終わったらしく、来年度の授業には、アタシも、ちょうど首も座っている頃のアサヒを連れて授業に参加する予定だ。
ちょっと出産時のシーンでは、「痛いーーーーっ!」って声を出しすぎているから、ちょっと恥ずかしいかな・・・。
いやいや、命が誕生して、愛情を持って育てて、こんなに幸せな顔の赤ちゃんがいますよ、って、伝えに行こうっ!と思う。
[PR]
by tubameuo_masami | 2008-03-04 13:50