<   2009年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

こんな朝もあるか・・・

いつも元気・・・って訳じゃない。
何だか、体調が悪いのか、何なのか、よく判らないけど、
いつもの朝の調子が出ない。

いつもは、「あっ!」と言うまに過ぎる日々なのに、
今週は長い。
まだ土曜日。

週の初めの方に、仕事を少し休んで、ヒナコの衣装作りのために、他のママさん達と集まった。
衣装作り、ママさん達との会話は楽しかったのだけど、
この数時間休むために仕事を片付けなければならない労力と、職場の後輩達や他スタッフに、気を遣うこと・・・で、ちょっと疲れたような。

昨日は学習発表会あり、その後、学級懇談会あり、アタシの“学級委員”としての緊張の一年間を無事に終えることができた。
学習発表会は、後で改めてアップしたいと思うほど、素晴らしかったよ。
学級委員の仕事も、苦じゃなかったけど、けっこう頑張ってしまってたのかも。

他、今週は諸々・・・。

ああ、今朝は、なんか身体が動かない。
前の日に、嫌なことがあったとしても、次の朝は、かなりの確率で「晴れ晴れ~」な気持ちで目覚めるのだけど、
なんだろう、今日は・・・。

まあ、こういう朝もあるさね。


さあ、仕事行かねば!
[PR]
by tubameuo_masami | 2009-02-28 06:51

「はじめの一歩」という歌に、涙した。

2月も最終週。
もうすぐ春だなあ、と、道を歩いて、風を感じると、そう思う。
卒業、とか、入学とか・・・って、そんな話題もよく耳にする。

こんな季節だから??って、訳じゃないけど、
最近、アタシの好きな場所で、≪別れ≫・・・が続いている、そんな気がする。

恋人同士なら、「別れは出会いの始まり」とか言うけど、
信頼していた友人、仲間なら・・・。
その人達の、新しい道に、さらなる幸せに、心から拍手を送りたい。

・・・って、前向きに書いても、やっぱり寂しい。
せっかく出会えたのに。 
気持ちを支えきれなかった自分に、無力感さえ覚える・・・。


明後日、授業参観で「学習発表会」がある。
ヒナコは、「音楽グループ」のリーダーらしく、その準備を家に持ち帰ってまで、頑張っている。(まるで、仕事を自宅に持ち帰る社会人のよう)
準備もさることながら、発表会で唄う歌を、昨晩は、
「ねえ、ちょっと聴いとってね」と、アタシ達、家族の前で唄ってくれた。

その歌を聴いていて、サヨナラして行く人達の笑顔を思い浮かべ、涙が出た。

~はじめの一歩~
小さな鳥が 歌っているよ
ぼくらに朝が おとずれたよと
きのうとちがう 朝日がのぼる
川の流れも かがやいている
はじめの一歩(いっぽ) あしたに一歩
今日から
何もかもが 新しい
はじめの一歩 あしたに一歩
勇気を持って大きく 一歩 歩き出せ

信じることを 忘れちゃいけない
必ず朝は おとずれるから
ぼくらの夢を なくしちゃいけない
きっといつかは かなうはずだよ
はじめの一歩 あしたに一歩
今日から
何もかもが 新しい
はじめの一歩 あしたに一歩
生まれ変わって大きく 一歩 歩き出せ

ヒナコ、かあさんは、心に響いたよ・・・。


さあ、
春はもうすぐそこ。
海もキラキラ輝いていた。
花も風に揺れて、楽しそう・・・。
みんなのこれからが、それぞれの「道」が、キラキラ輝いていきますように。

b0005874_23201298.jpg


b0005874_2236243.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2009-02-25 22:36

22回分の「4」

2月最後の合同レッスンは、ワヒネとクプナさんの合同で、朝8時から12時まで行われた。

長崎は雨。
ランニングして・・・は、止めて、歩いてスタジオに向った。
(性格上、ついつい小走りになるのだけど。)

こういう時間もいいな、と、思いながら、いつもなら、青信号が点滅すると走って渡るのだけど、
ちょっと、わざと、赤信号で立ち止まってみた。
空を見上げると、小雨が降ってくる。
ああ、アタシの心を、湿らせてくれてるな・・・と感じた。

フラは楽しむべきなのに。 何?どうした??と思うほど、焦りや不安が、心に宿る瞬間が少なくなかった。

喉をカラカラに乾かしながら、辛いなあ~と思いながら練習していたっけ?<アタシ・・・って。

赤信号のおかげで、立ち止まって、空を見上げて、小雨のおかげで、
何て言えばいいかな、、「嘘でもいいから、気持ちに余裕を持ちなさい」って、
そんな声が聞こえたような。

8時前にスタジオに到着。
お尻歩きを2往復。
それから、それぞれに柔軟。
一通り皆さんが揃ってから、皆で、肩甲骨を動かす運動。
ここまでで、すでに、ジワーッと汗をかく。

いちうものようにハーマイエを唄う。
自分に課していることにしっかり向き合って、この4時間を過ごせるように・・・、と、誓う。

基礎の練習では、腕を落とさない、背中を意識する、足は下から上へ、足幅を保つ・・などなど意識することが山ほど。
これらを意識しなくてもできるように、ならんばいけん!

レッスンも半分を過ぎたところで、ワヒネとクプナさんに分かれて、それぞれの曲の「1番のみ」の練習。

アタシは手の位置を、指摘してもらって、重点的に練習。
「ただ、それだけ」なのに、なかなか難しい。

先輩達の踊りを見せてもらって、動かす手(腕)の、反対側の腕(曲げてる腕)への意識が途絶えると、
全体がすぐに崩れて見える・・・ってのを、とっても感じ、学んだよ。

最後にビデオ撮影(2人ずつ)、そして、みんなでそれを見た。

アタシは、「足幅が安定していない」と、アドバイスを頂いた。
それ以外にも、ほんとーーーーーーーに、目を覆いたくなる(毎回で、申し訳ないよ)フラだった。

反省が多いってことは、明日に繋がるとよ!・・・と、自分で自分を励まし、
今回も、学びの多い時間だった。

※とくに、
ワイアナエのアミ(1番、3番)の時、のばした方(右)の手(腕)は、肘を下に向けて、脇はキュッとしめる・・・。」  「アミが終わって、回る時、その回る前に、左手を前に出すけど、その時も、同様に、肘と脇を、しっかり意識する!」


雨だったから、子供の世話をしてくれていたダンナさんも大変だった様子。

まだ22回のうちの4回・・・なんですが、
どうかどうか、家族が健康でありますように。



来週はもう3月。
数週間前に、アタシ達4人が、実家に行っている時に、ダンナさんが飾ってくれた今年の我が家のお雛様。
・・・何かが足りない。
小道具が・・・汗。 (アタシは最初気付かなかったけど、すぐにヒナコが指摘していたよ。)
b0005874_22433651.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2009-02-23 22:43

若い時を、“今”を、大切にして欲しい。

・・・なんか、タイトルが、お婆さんが書いているみたい・・・・・汗。

まだ、アタシは、お婆さんじゃないけど、20歳近く年齢が離れている人達と、今、仕事してます。
そうすると、やっぱり、「若いっていいなあ~」と思う事あり、なのさね。。。

福岡の大学から実習生が3名来ている。
最近は、4週間とか3週間とか、長期の実習が増えたから、今回の2週間はあっと言う間だったなあ、という気がする。

それにしても最近の学生さんは、よく勉強してるよ。感心するよ。
検査データとか読むの上手いし、パソコンで資料作らせても早いし。

昨日は糖尿病教室で10名くらいの患者さんの前で2回目の実技実習をしてもらったけど、
顔が赤くなるところが、可愛い。
21歳か・・・。
若さでキラキラ輝いてる・・・って感じ。

今日は最終日で反省会あり。
彼女達の2週間の成果を発表してもらう。楽しみ。

よく実習生から聞かれる。
「学生時代とか、社会人になってからとか、やっぱり勉強すごくしたんですか?」と。
こう応える。
「いや、主に、“社会勉強”しよったよ。合コンとかね・・・」と。

アタシの場合、恋愛ってのが、けっこう人生に大きく影響している。
失恋したときのエネルギーっていうか、パワーがものすごかったな、と、今になって、そう思う。

恋愛が順調だったら、海にも沖縄にも、そして、かけがえの無い宝物である友人達にも出会ってなかったと思う、から。
・・・なんか話が逸れてるか???

学生さんには、もちろん、そんな詳しく話すわけないけど、
でも、「自由時間のたくさんある、“今”を大事に、勉強も大切だけど、今しかできない“事”を見つけて、
いろんな経験をして欲しい」と、心からそう思うよ。



ところで、今週末は楽しい「イベント」がある。
今のところ、自分自身、家族、ともに風邪も引かず健康!・・・ってことで、参加できそうだ。

いやいや、ダメだ。油断は禁物ばい!!!

その「イベント」を心待ちにしている、“今”も楽しまねば♪
[PR]
by tubameuo_masami | 2009-02-20 06:26

22分の「3」

先週末は、「暑か~」と言いたくなるような気温だったけど、週明けから、また寒さが戻って来た。
月曜日からずっとダンナさん出張のため、大変・・・・・となる予定だったけど、
予定外に、母が手伝いに来てくれていて、大助かり!!!
ほんとーーーーーーに、アリガタイ。

昨日も、急な残業で、保育園の迎えも、少し遅れるほど。
だけど、家に帰ったら、ご飯はできてるし、洗濯物もキレイにたたんであるし・・・。
疲れも吹っ飛んだ。

さて、毎週日曜日に行われている宮崎に向けてのレッスン。 これまで2回あったのだけど、今回は、先生がハワイから帰って来られての、初めてのレッスンだった。

緊張と期待の気持ちいっぱいに、その日もランニングして、スタジオ入り。

いつものようにハーマイエを唄う。
アタシは、家族に、そしてフラの仲間に感謝してスタートした。

まずは、ワイアナエを3回。 
次に、ビデオ撮影。先生とシスターズ(Mさん&Mちゃん、Tさん&Tちゃん、Mちゃん&アタシ)が3人ずつ踊る。
緊張なのか?、何なのか、いつも以上に踊れなかった。 身体が動かなかった。 もっともっと練習だ!!。

アタシは、20代に養ったダイビングのおかげで(?)、この年齢にしては、まだ体力はある方だ、、と思っていたけど、フラを踊るには、まだまだ体力が足りない!と、ワイアナエを1曲踊ったあと、認識させられた。

少し休憩。
話題は、Mちゃんさんの今週末に行われる「歯の治療」のこと。 他人事ながら、ドキドキだ。
無事に治療が終わり、早く元に戻りますように・・・。

休憩後、
基礎の練習では、「きつくても、楽しく~!!!」と、前日(土曜日・夕方クラス)に続いて、≪手の動き≫を加えて、カホロ、カオ、ヘラ・・・。 誰かが間違うと、もう1回! 
≪手≫はフラの表現でとても重要。 手のひらには、『Aloha』を込めて・・・なんだけど、足の動きに気を取られていると、『手』がついつい・・・。

集中力を継続させて、頑張った。 良い汗を流したよ。

最後に、振り付けの確認。 
すべては、手の位置=三角形、が基本・・・との事。
それを基本にすると、手が前に出過ぎず、正しい位置で踊ることができるのだ。

そして、もう1度ビデオ撮影。
基礎の練習の後だから?か、先生が「本番の気持ちでー」と言われたから?か、
身体が何となく軽かった・・・、気がした。

10時にレッスン終わる。

撮影したビデオを見る。顔を手で覆いたくなるほど、ズサン。

水辺の森公園で、家族が待っている・・・と、ハッと、現実に戻り、一足先に、スタジオを退室。
公園まで、今日の反省をしながら、ランニングした。

今日も充実した2時間だった。
感謝。


子供が元気だから、この時間を過ごせるよ。
元気+悪戯好きのアサヒです。
b0005874_6123198.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2009-02-18 06:12

バレンタインデー♪

去年、ヒナコが保育園の年長組の時、クラス全員のお友達に、チョコを一緒に作って渡した思い出がある。

そして今年も、それを覚えていたせいか、何なのか、
「小学校のクラス全員のお友達に渡したい!」と言っていた。

「小学校はダメやろう」と思っていたら、案の定、
「チョコ禁止」だった。

しかし、ヒナコには渡したい男の子がいたのだ。
保育園時代に、「○○君が好き」と言うのとは、ちょっと違う感じ・・・。


学校に持って行くのがダメなら、家に持って行くしかない。

その相手の男の子のことは、アタシもよく知らない。
(保育園の子なら、全員、ばっちりママさん達とも仲良いけどさ。)

悩んでいるヒナコに“カツ”入れた。

「チョコレート渡したいなら、協力するばい!」
「悩むくらいなら、渡そうで!」
「後悔するのはよくないばい! 電話してみなさい!!!」と。

ヒナコも納得した?ようで、ちょっと戸惑いながら、受話器を手に取り、
自分で電話をかけていた。

どうやら、相手の男の子のお父さんが電話に出たようだ。
そして、男の子に代わってもらったようだ。

話がまとまらない様子だったので、アタシが電話に出て、
男の子のお母さんとお話をして、事情を説明して、
チョコレート(実際は、チョコクッキー)を渡しに行く事に決まったのだ!!!

勇気を出して電話をかけたことは、想像以上に、ヒナコに大きな自身と喜びをもたらしたようだったよ。

そして、手作りチョコクッキーの作製開始。

ほとんどヒナコ自身が作ったよ。
オーブンの鉄板3枚分。
約180個 コツコツと丸めていたよ。 エライッ!!!!!
b0005874_095550.jpg


メインの男の子。

保育園時代のお友達(男女)。
学童の先生。

フラのお友達。
フラの“土曜日夜のお姉さん”
フラの“日曜日のお姉さん”
先生と“オンちゃん”

じいちゃん、ばあちゃん・・・・・・と、
自分がお世話になっている人に・・・、と、
ヒナコ自身が自分で考えて、クッキーを袋に詰めていたよ。

b0005874_0103465.jpg


「感謝の気持ちを込めて」と、そこまで真剣に考えてはないのだろうけど、
でも、そんな“感じ”の気持ちを持っていることに、
親として、ちょっと嬉しかった。

このまま、そんな素直な気持ちを大事に、成長して欲しいな、と、
作業を進める真剣な横顔を見ながら、そう思った。
[PR]
by tubameuo_masami | 2009-02-16 00:10

22回分の「2」

昨晩、ダンナさんのバイクお友達が泊まりに来てくれて、
夜遅くまで起きて、朝も早く起きて、朝ごはんの準備(・・・って、ダンナさんが、パンを焼いてくれてたから、アタシは卵焼きを焼いて、野菜を切ったくらいだけど・・・汗)して、疲れてるかな、と思ったけど、そんな事はまったくなく、マンションを出る時は、清清しい気持ちだったよ。

朝から天気もよく、日曜日のこの合同レッスンの時は、軽くランニングしていくのだけど、
走っているときの風も心地良かった。

日曜日の早朝、「寝ていたい・・・」とか思わない。
それくらい、フラの練習ができることに、ホントに感謝。
いつからなんだろう。こんなに「フラ」が好きになったのは。


で、今日の合同レッスン。
輪になって、ハーマイエを唄う。
ハワイアンララバイ、マウナレオを1曲ずつ。
基礎ステップ。
そして、今日は、主に、「アミ」の練習。自分自身のアミの練習に加えて、みんなで合わせる、ということが、一番の課題だったかな。

最後にビデオ撮影。
録画したものを見る前から、「ああ、ダメだ・・・」と。
いや、今のできてないところを、しっかり見つめないといけん! 目を背けちゃだめばい!と思って、見た。

感想は・・・。 反省すべきことだらけ。 
反省点はノートに書きとめよう!

今日も多くの学びがあったよ。
フラだけじゃなく、いろんな学び。 

目標や夢があって、それに向う時間があって、一緒に練習する仲間がいて、支えてくれている仲間がいて・・・。  
「ラクしていたら、何もない」と、「頭で考えるより、身体を動かそう!」と、改めて感じる日々。



強制はしないけど、こんな気持ち、子供達にも味わって欲しいなあ~。

水辺の森公園に迎えに来てくれていた子供達とマンションに帰る時、
その3人の後姿を見ながら、そう思った。

b0005874_156398.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2009-02-09 01:56

ランタンフェスティバルのおかげで。

今夜、うちに、お客様が泊まっているよ。
ダンナさんのバイクのお友達。
アタシも尊敬する人。

ランタンフェスティバルを見に来た・・・ってことで、
人が多い、とか、土日の渋滞がひどい・・・・・と、地元&とっても近くに住んでいるアタシに
とっては、マイナスイメージのランタンだけど、そのおかげで、久しぶりの再会も果たせたし、
いい事もあるばい<ランタン。

その昔(・・・と言いたくなるように、遠いことに思えるけど、実際は、10年経ってないなあ)、
IJ(インターネットジャーニー)と言うのがアタシの中でブームだった。
それで知り合った人達に会うための一人旅もしたなあ。

今日のお客様と、IJ関係の人達のことも話題になったけど、ホント、懐かしいばい。
みんな、元気かな?
元気ですかーーーーー?????

ああ、あの頃も、とっても楽しかったなあ。

キャンプしたり、新婚の狭いアパートに沢山の人が、遠くから、遊びに来てくれたり、泊まってくれたり。
子供が産まれてから、そういう機会がめっきり減っている。

アサヒも1歳を過ぎて、ずいぶんとしっかりしてきたし、
チョコチョコこういう“イベント”も、子供のため(もちろん大人が楽しいのだけど)にも、
やっていいなあ、、と思ったよ。


今日は、フラのレッスンの前に、フラの先輩とちょっとお茶した。
すごーーーーく久しぶりに、ゆっくり話した。

きっとその先輩は、アタシを「こういう気持ち」にさせるために、話したわけじゃないと思う。
けど、今、あの時間を過ごしたことで、とても落ち着いた気持ちでいるのです。

人は、言葉を話す。 その言葉は、その人が思わぬところで、相手を傷つけたり、逆に、勇気付けたりするものだなあ、と、つくづく感じたよ。


我が家の子ども達には、いつも相手の気持ちを考える、思いやりのある子に、育って欲しいなあ、と思った。


さて、話は戻るっていうか、ランタンですが、
すごーい人・人・人・・です。
きっと、ブログとか書いている方々(ダンナさんも)は、キレイな“ランタン”の写真をアップするんやろうな、と思いつつ、
アタシは、人の多さに感動、っていうか、驚いたんで、こんな写真をアップしまーす。

この道をまっすぐ行くと、職場です。
この人混みを見て、まず、「救急車、通れるっちゃろうか・・」と思った。
b0005874_0561267.jpg


会場入り口も、人があふれかえっていたよ。
遠くから来ている観光客の皆さん、こんなんで、楽しめているやろうか・・・と心配になる。
b0005874_0571118.jpg


「中華街が混んでます。迂回してください」みたいなことが書いてある。
凄すぎる・・・。
b0005874_0574519.jpg

[PR]
by tubameuo_masami | 2009-02-08 00:58

何だろう、体調が・・・・・

平日のこんな時間にココにかけるには、訳がある。

今日は午後から職場外での会議があり、早く帰れた。

いつもより2時間早く帰宅できる!ってことで、朝から、色々と予定していたよ。

雛人形・市松人形を飾る場所を整理整頓しよう、とか、
フラのツアー名簿を作ろう・・とか、
久しぶりに、子ども達の好きな手作りハンバーグを作ろうかな?とか、
天気だし、週末の来客用のお布団や部屋の準備をしよう!とか・・・などなど。

でも、会議終了間近、急に腹痛が。
自転車で会議場まで来ていて、帰り「タクシーで帰らんばかな・・・汗」って思うほど。(結局、冷汗かきながら、市民会館から自転車で帰宅。)

そして帰宅して、「いろいろ、やろう!」と思っていたことは、もちろん、まったく手付けられず、それどころか、頭痛まで出現してきた。

こんなんじゃ、困る!と思って、仲の良いDr.にメールしてみた。

何かストレスあるんじゃないの???・・・と。

ストレス???
あれば、それを取り除こう・・・と努力できるんだけど、何も思い当たらないのだけど。

・・・とすれば、何か病気なのか???


鎮痛剤で頭痛も治まって来た。
ダンナさんには「残業してきていいですよ」と言ってることだし、
元気だして、子ども達を迎えに行こうかな、、、。


そうそう最近、こんな言葉(本の文章)に出会った。

「苦しみを味わうことがない人間は、人間愛から生まれる感動も
快い同情の喜びも知ることはあるまい。そういう人間の心はなに
ものにも動かされず、かれは人づきあいのいい人間になることが
できず、仲間にたいして怪物のようなものになるだろう。
 子どもを不幸にするいちばん確実な方法はなにか、それをあな
たがたは知っているだろうか。それはいつでもなんでも手に入れ
られるようにしてやることだ」 by ルソー



たまにこうやって体調崩すことって、いつもガンガン走リ回ってるアタシには、必要なことなのかも。

最近の我が家の行事。節分で太巻きを食べた・・・いや、豆まきをしたことです。
我が家の可愛いオニです。
b0005874_1717304.jpg

 
[PR]
by tubameuo_masami | 2009-02-06 17:18

22分の「1」が終わった。

2月から6月までの日曜日を数えてみた。

昨日も入れて22回。

何があるかと言えば、フラのレッスン。

そう、昨日から、6月末まで、毎週日曜日の午前8時から10時まで、
7月に宮崎県シーガイアで行われるの「モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル日本大会」のエキシビジョンに出場するための練習があるのだ。

初回の昨日は、ハワイに行っているA先生が不在の中、基礎ステップの練習、課題曲のワイアナエの1番、2番の練習。 
10時に一旦終わり、その後、ビデオ撮影したものを見ながら反省。
さらにその後、水辺の森公園までランニング・・・というメニューだった。

 「足を下から上へ」「腰から抜けないように」
これを意識すると、内側の腿や、ふくらはぎが、筋肉痛になる。
でも、「意識しなくても」踊れるようにならんばいけない。

 「足」のことばかり気にしていたら、昨日は、「表現」についてアドバイスをもらった。
いつも「表現」を忘れてはいけない。そうなんよね!! そこがなくては、フラじゃないよね、と、反省&アリガトウ。

あと、表現している手(腕)の、反対側の手(腕)が、ダラーッとなってはいけないとよね。反省。
つまり、全身を使うということ。

 目線や頭の位置、背中にも意識を忘れちゃいけないし、お腹は常にカチカチになってなきゃいけない。(腹筋!!!)

 大変だー! 宮崎のステージを目指すということは、本当に大変なことだ。
 でも、夢や目標を持てるってスゴイこと。あり難い事。
家族に支えてもらい、フラの先輩達、仲間に支えてもらい・・・。
その人たちの気持ちに恥じないようなステージを踏めるよう、日々鍛錬。

 昨日、「22回」あるうちの「1回」の練習がもう終わったのだ。

撮影したビデオを見た後、自分のフラのあまりの酷さに、開いた口がふさがらない・・・だったけど、でも、落ち込んでいる時間はない。
気を抜いていると、あっと言う間に、22回の練習も終わってしまいそう。 

1回1回の日曜日のレッスンを、そして通常のレッスンを大事にするぞ! 
こんなアタシ(3人子供居て、仕事もフルにしていて、家事は??)にレッスンの時間を与えてくれる家族に、感謝。



毎月、月初めは、職員全員の朝礼があり、80歳の理事長先生からまず「お言葉」がある。

戦争やその他、色んな困難を乗り越えて来たであろう、深い人生が、先生の立ち姿、笑顔からにじみ出ている。

今日は、理事長先生のお話の中で、先月お亡くなりになったある看護師さんのお話があった。

その看護師さんは永井博士とともに医療活動を行っていた方。
理事長先生は、ご葬儀に参列し、改めてその方の素晴らしさに感動したと話された。

その方は看護に対して、「揺ぎ無い信念」を持っておられたと。
 
「揺ぎ無い信念」を持とう。
迷わずに進もう、と、2月の始めに心に誓った。


 さてと、今月は福岡の大学から実習生の受け入れがあったり、学会の報告会で発表もしたり、また栄養指導件数を「増やしなさい」の要請を受けたり・・・と、仕事も忙しくなりそう!

 それから「タ・ノ・シ・ミ」もある。
ああ、だめだ、あんまり「楽しみ」にしていると、子供の誰かが熱でも出しそう。
「楽しみ」は、その日が来るまで、そっと心の中に閉まっておこうっと。  ああ、でも、楽しみ♪ 2.21☆
[PR]
by tubameuo_masami | 2009-02-03 00:00