人気ブログランキング |

ごいんげさんのお話。

2010年・元旦・・・のことを、今さら書くのも・・だけど、
心に残ってることを、少々・・・。

去年のお正月は、体調崩したアサヒと2人で過ごしたんだけど、
今年は、家族全員、長崎にて新年を迎えた。
(仕事が忙しいってのと、休暇が短いってので、広島帰省しなかったわけ)

元旦は、家族5人で了願寺さんへお参り。
(了願寺さんは、アタシが、子供の頃から、お世話になってるお寺さん)

お念仏を唱え、お説教を拝聴した。

元旦早々ですが・・・、と、ことわりの後、
黒板に、ごいんげさん(<ご住職さんのことを、このお寺の門徒さんは、こう読んでいる。
漢字は、どう書くんだろう・・・?)が、

「死」と言う文字を書いた。

「死」を考えることによって、
「生」を考える・・・ってこと。

「生」=「今」が永遠にあるものじゃないから、
「今」をしっかり生きねば・・・って、ことかな。

亡くなった方のお通夜や、お葬式で唱えるお念仏は、
なぜ唱えているのか・・・?とか。

亡くなった人のために、唱えるもんだと思ってたけど、
それだけではないらしい。


子供の頃から、ごいんげさんのお話はよく聴く機会はあったけど、
最近は、心に届くようになってきた気がする。

あああ、お寺さんのお話が耳に入りやすくなったってのは、
年とった証拠やろうか・・・笑。
・・・なーんてこと、ごいんげさんに聞かれたら、怒られるね・・・汗。



アサヒとトモエがぐずりそうだったから、
ダンナさんが2人を外に連れ出していたんだけど、
ヒナコは、ずっと頑張って聴いてくれていた。

意味はよく判らなかったかもしれないけど、
何か1つでも耳に残る言葉があったんじゃないかな・・・って思う。

元旦の10:30~12:30くらいまで、
良い時間が過ごせたなあ。

今年も、「今」を精一杯、「命」を輝かせて、

(こう思うから、ついつい、忙しくなってしまうのか<アタシ)

生きたいなあ~と思う。


写真は、1月3日の朝。
アタシとヒナコは自転車でフラへ。
ダンナさん、トモエ、アサヒは、朝の散歩へ・・のヒトコマです。
b0005874_6241834.jpg

by tubameuo_masami | 2010-01-10 06:24
<< 元すみれ組・新年会♪ 今日から新学期! >>