鯛がない!!

今朝、ダンナさんとヒナコが広島へ車で出発した。

2~3日前からチョコチョコ荷物の準備をしていた。
そして、今日、最後の最後に入れるものは、「鯛」の予定だった。

この「鯛」2尾は、私の実家の母が、広島の実家の母へ、お正月料理の1品として心を込めて、私に託してくれたもの。

自分の娘が、夫の実家に帰る。少しでも私が過ごし易いように・・・と、母はいつも、私に気を遣ってくれている。いつまで経っても母からすれば、私は、「子供」なのです。

それなのに、『さあ、いよいよ出発!最後に「鯛」を入れるぞ!』・・・って時に、あるはずの鯛がない。
確かに冷凍庫に入れていた・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!

私とダンナさんはお互いを疑う。
私は出勤時間も迫り、イライラが増す。
ヒナコは、こんな両親の険悪ムードを感じて、玄関にちょこんと座っていた。(ああ、楽しい出発の時に、ヒナコには、申し訳ない事をした・・・)

朝っぱらから、Nちゃんに「この間、ダンナが渡した魚の中に、鯛がなかった?」と、変な電話もしてしまった。

もう遅刻しそうだし、とりあえず、出勤した。

職場についてから記憶が戻ってきた。

ダンナさんにメールして、たぶん「あそこだろう」という私の記憶を伝えた。

しばらく気持ちが悶々としていたが、普通に忙しく仕事をしていたら、気持ちも少しは落ち着いて来た。まあ、「鯛」の居場所が判ったから、良しとしよう。


そう言えば、今日、職場の後輩から「ケッコンします」と報告あった。
「決まったんですが、あんまり嬉しくないんです。こんな気持ちでケッコンしてもいいんでしょうか?」と聞かれた。

「ケッコンねえ~。ケッコンしたいって思えばすればいいたい。悩むくらいなら止めればあ~」と、ちょっと、いや、かなり辛口の返答をした。

不思議だよなあ、と思う。
仲のとっても良いご夫婦をたくさん知っているけど、でも、うちは(私は)、本当によくダンナさんと「衝突」する。
つくづく「この人とは合わない」と思うこと(時)が多い。

しかし、そう思いながらも、図々しく、そんなダンナさんがクリスマスプレゼントにくれたコレに、
b0005874_23475893.jpg

ダンナさんが入れてくれたフラやハワイの曲を聴きながら、癒されている自分が居たりする。
ダンナさんに頼っている自分が居るんだよなあ・・・。
[PR]
by tubameuo_masami | 2006-12-28 23:48
<< 2006年、感謝・感謝・感謝の... 経験と感動が大事なんだって! >>