桜、少し早く咲いて欲しいなあ・・・

この患者さんに出会ったのは、かれこれ何年前だろうか。
一番最初の出会ったときのこと、今でもよく覚えている。
普通に、糖尿病の食事指導のため、外来に出向いたら、外来の主任看護師から呼ばれ、
「糖尿病どころじゃないかも知れないのよの・・・」と告げられたのだった。

検査が終了して、主治医や看護師やアタシは、その患者さんに潜んでいた疾患について、判っていたのだけど、主治医からその結果説明がある前に、アタシの話があったから、私は、ごくごく普通に患者さんに接した、その時の、「思い」を今でもすごく覚えている。

その後、数回入退院を繰り返したMさん。

今回は、食事の摂取量が落ちてきて、IVH施行が目的だったけど、でも、入院したら、徐々に食欲アップ、経口摂取でOKだった。
しかし、病魔の威力が今強くなっているのか、3週間くらい前から、食欲もダウン。

先週,IVH施行された。

食事がストップされてからも、時々病室訪問はしていた。

昨日も病室訪問した。

雨が上がりそうだったし、天気の話、季節の話をしていたら、春だし、自然と「桜」の話題になった。
話すのはアタシが殆ど一人で喋る。近くにいる奥様が時々それに応えてくれる。Mさんは、目をつぶったまま、うなずいたりしてくれていた。
そんなMさんが、ポツリとつぶやいた。
「桜をみたいんですよ・・・」と。
アタシは、「見れますよー!見れますってば。一緒に見に行きましょう!!」とそれしか言えなかった。
温かいMさんの手を握り締めながらそれしか言えなかった・・・。



土曜日だから、午後はフラに行った。
(フラは、相変わらず、低迷状態から脱することのできない日々を過ごしております・・・)

レッスン終了後、金曜クラスのNちゃんが来た。そしてしばらく皆で雑談していた。そんな雑談の中、さあ、帰ろうという時、何故だか、「人生いろいろあるんですよ。ねえ、マサミさん」と、A先生がアタシに話を振ってきた。で、アタシも応えた。

「そう、いろいろ経験(体験)することが大事だと思うよ」と、こう応えた。
色んな目線で物事見れる人間になれるには、経験(体験)が大事だと思っているから、こう応えた。

そして今、あの話に付け加えたい、と、思うのが、この気持ちだ。
「いろんな人に出会うこと」が大切だよねえ、と。

フラのレッスン後、また職場に戻り、少し仕事を片付けた。
夜だけど、もう、すっかり寒くない。本当の春がそこまで来ているよ・・・、と、Mさんの部屋の明かりを見て、そう思ったよ。
[PR]
by tubameuo_masami | 2007-03-25 05:59
<< 国試ですね! 手作りブランコ♪ >>