胃ろうの栄養剤・・・

今日、クリ△コさんと言うメーカーの新商品「マス※ル」という、≪半固形化の濃厚流動食≫を、4日前に胃ろう増設した、形成外科病棟に入院中の患者さんに、初めて投与してみた。

≪半固形化≫のものは、これまでも、「テ×モ」さんと、その他のメーカーさんのを試したことあったけど、どれも、けっこう力が必要だったり、思ったより時間がかかったり・・・で、うちの病院では採用されていなかった。

が、今回は、色々な情報を、褥瘡委員会やNST委員会などで流していたこと、それと、「アンケートに協力してサンプル試用」ということで、“一応”採用してみることになった。

投与予定時刻の10時は、その患者さんの入院している病棟に他の病棟の看護師さん達も集まった。そして、メーカーの担当者から説明あり、アタシからも、水分管理の注意事項を説明。
そしていよいよ投与開始。

な、な、なんと、1分50秒で、150g=300kcalの投与が完了した!
これを見ていた、脳外科の主任ナースが、「うちの患者さんにもやってみたい」と主治医に話し、話はトントンと進み、投与が決定。

12時半に投与予定とした。

そして定刻に、脳外科のナースが集まり、説明をして、投与開始。 
なんと、55秒で投与終了・・・。

メリットだらけ・・・って事もないだろうと思うけど、一先ず、うちの病院でも半固形化が必要なら「できる」ってことが証明されて、ホッとしたよ。

午後は、この≪半固形化≫の栄養剤を使用する際の注意点、とくに水分管理についてのマニュアル作成を終わらせた。

また一つ仕事を終えることができて、ホッ・・・。

これで明日は思い存分、ヒナコの「人数揃い」へ出かけるぞー♪
[PR]
by tubameuo_masami | 2007-10-04 23:32
<< 「心の声に耳を傾けた」けど、「... 長崎くんち 「庭見せ」行ってき... >>